グループ療法vs個別療法

グループ療法vs個別療法

 

心理療法セッションに参加する場合、クライアントはグループ療法または個別療法に参加するオプションを選択できます。 シングル クライアント リハビリ クリニックのクライアントは、プライベート設定の性質上、特に要求されない限り、1 対 1 の治療しか受けられません。 どちらも治療を受ける機会を与え、あなたに役立つ心理療法セッションに参加します。

 

リハビリに参加するときは、グループ療法と個別療法の両方のセッションを体験して、両方の療法の種類の違いを探ることができます。 このXNUMXつの違いは何で、どれほど効果的か疑問に思われるかもしれません。 フォーム間の違いを知ることで、リハビリに参加する前に理解を深めることができます。

 

個別療法

 

個別療法セッションは、クライアントとセラピストが XNUMX 対 XNUMX の環境で会うセッションです。 これは、両者が絆を深め、関係を築き、クライアントが抱えている問題について話すことを可能にする治療プロセスです.

 

訓練を受けたセラピストは、クライアントが薬物乱用を終わらせようとする試みを手助けしようとします。 個々のセラピーセッションは、摂食障害、不安、うつ病、性依存症などを含む他の分野にも焦点を当てている場合があります。

個別療法の利点

 

個別療法は、グループ療法に比べて次のような利点をクライアントに提供します。

 

  • 機密性とプライバシー11.A. Rasmilli, 主題ごとにジャーナルを閲覧, 主題ごとにジャーナルを閲覧.; 28 年 2022 月 10.1080 日、https://www.tandfonline.com/doi/abs/00207284.2016.1180042/20?src=recsys&journalCode=ujgpXNUMX から取得
  • クライアントはXNUMX対XNUMXの注意を引き、障害からより迅速に回復できる可能性があります
  • セッションははるかに激しい場合があります
  • セッションとセラピーのペースはクライアントに合わせて作成できます
  • クライアントとセラピストの間に強い絆を築くことができます
  • セラピストがクライアントにフィードバックを提供することで、自己認識を育てることができます
  • 個々の治療セッションはクライアントのスケジュールに合わせることができます
  • セッションをすばやく手配できます
  • クライアントが即時または緊急セッションを必要とする場合、クライアントはそれを受け取ることができます
  • セラピストの話を聞いたり聞いたりすることでコミュニケーション能力を養うことができます

 

グループ療法

 

グループセラピーとは、セラピストやカウンセラーからのサポートや助けを求めるために、複数のクライアントが集まることです。 クライアントは、グループ設定で受けるサポートから大きな恩恵を受けることができます22.R. Schuster、I. Kalthoff、A. Walther、L. Köhldorfer、E. Partinger、T. Berger、A.-R. Laireiter, Effects, Adherence, and Therapists' Perceptions of Web-and Mobile-supported Group Therapy for Depression: Mixed-Methods Study – PMC, PubMed Central (PMC).; 28 年 2022 月 6533044 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得. メンバーは、各クライアントの感情的な幸福と治癒への動機を改善する経験を共有することができます.

 

グループ療法と個別療法の利点

グループ療法には次の利点があります。

 

  • クライアントは、他の人が同じ問題、中毒、および障害に苦しんでいることを認識しています
  • クライアントは、友情と絆を築く他者からのサポートを受け取って与えることができます
  • メンバーがグループからさまざまな視点を与え、対処する必要があるため、コミュニケーションスキルと社会化スキルを向上させることができます
  • メンバーは他の人の問題に耳を傾けると自己認識を発達させる33. BH D Evans、A O'Donnell、J Nicholson、K Walsh、B. Hodgkinson、D. Evans、A. O'Donnell、J. Nicholson、および K. Walsh、治療における個別療法とグループ療法の有効性of schizophrenia – Database of Abstracts of Reviews of Effects (DARE): Quality-assessed Reviews – NCBI Bookshelf、統合失調症の治療における個別療法とグループ療法の有効性 – Database of Abstracts of Reviews of Effects (DARE): Quality-assessedレビュー – NCBI ブックシェルフ。 28 年 2022 月 68219 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBKXNUMX/ から取得
  • 同じような問題を持つ他の人と自分の経験を共有することは、多くの場合治療的です
  • メンバーはストーリーや感情を共有しても安心です
  • 個人が他のグループメンバーの成功を模倣しようとするときに、動機を生み出すことができます。
  • 多くの場合、個別療法よりも安価です

 

どの治療法が私に適していますか?

 

「どのタイプの治療法を選ぶべきか?」 答えは必ずしも簡単ではありません。 どちらにも上で概説した利点がありますが、各治療タイプにも欠点があります。

 

研究によると、個人療法とグループ療法の有効性はほぼ同等であることがわかっています。 あなたが実際に選択する治療の種類は、あなたがそれから何を得たいのか、あなたがどんな人であるか、そしてリハビリに対するあなたの好みによって異なります.

 

多くの場合、UHNW および HNW の個人は、スペクトルのプライベート エンドでの治療経験を選択する傾向があります。 ただし、これは常に当てはまるとは限らず、ウォール街、ハリウッド、シリコン バレーの幹部は、グループ環境で永続的な回復に成功しています。

 

個々のリハビリは、ぜいたく品ではなく必需品と見なすことができます。 古い 28 日間のモデルは、永続的な回復のために治療エピソードが数か月続く可能性があるという一般的な受け入れに取って代わられています.

 

個人ベースでこれを行うことは、滞在がどれほど「贅沢」であっても、独房に監禁されているように感じると言われています.グループ環境は、常に単一のクライアント治療の隔離に役立ちます.

 

Worlds Best Rehabs の多くは、集中的な個別心理療法とプロセス グループおよび集団ミーティングを組み合わせたハイブリッド アプローチを採用しており、単一クライアントのリハビリを専門としていると主張する多くのクリニックは、グループ ワークを治療エピソードに再統合するためのより広範な回復運動に追いつくことができていません。

 

前: 生化学修復治療

次の投稿: サイコエダクション治療

  • 1
    1.A. Rasmilli, 主題ごとにジャーナルを閲覧, 主題ごとにジャーナルを閲覧.; 28 年 2022 月 10.1080 日、https://www.tandfonline.com/doi/abs/00207284.2016.1180042/20?src=recsys&journalCode=ujgpXNUMX から取得
  • 2
    2.R. Schuster、I. Kalthoff、A. Walther、L. Köhldorfer、E. Partinger、T. Berger、A.-R. Laireiter, Effects, Adherence, and Therapists' Perceptions of Web-and Mobile-supported Group Therapy for Depression: Mixed-Methods Study – PMC, PubMed Central (PMC).; 28 年 2022 月 6533044 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
  • 3
    3. BH D Evans、A O'Donnell、J Nicholson、K Walsh、B. Hodgkinson、D. Evans、A. O'Donnell、J. Nicholson、および K. Walsh、治療における個別療法とグループ療法の有効性of schizophrenia – Database of Abstracts of Reviews of Effects (DARE): Quality-assessed Reviews – NCBI Bookshelf、統合失調症の治療における個別療法とグループ療法の有効性 – Database of Abstracts of Reviews of Effects (DARE): Quality-assessedレビュー – NCBI ブックシェルフ。 28 年 2022 月 68219 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBKXNUMX/ から取得
ウェブサイト | +投稿

Alexander Bentley は、Worlds Best Rehab Magazine™ の CEO であり、Remedy Wellbeing Hotels & Retreats および Tripnotherapy™ の作成者兼パイオニアであり、燃え尽き症候群、依存症、うつ病、不安、心理的不安を治療するために「NextGen」サイケデリックなバイオ医薬品を採用しています。

CEOとしての彼のリーダーシップの下、Remedy Wellbeing Hotels™は、International RehabsによるOverall Winner: International Wellness Hotel of the Year 2022を受賞しました。 彼の信じられないほどの仕事のおかげで、個々の高級ホテルのリトリートは、世界初の 1 万ドル以上の専用ウェルネス センターとなり、有名人、スポーツ選手、経営者、王族、起業家など、絶対的な裁量を必要とする個人や家族、およびメディアの厳しい監視の対象となる人々に逃避を提供しています。 .

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。

Worlds Best Rehab は、独立したサードパーティのリソースです。 特定の治療プロバイダーを推奨するものではなく、注目のプロバイダーの治療サービスの品質を保証するものではありません。