薬物乱用の心理教育

作成者 ピンNg

によってレビュー マイケル・ポー

薬物乱用の心理教育

 

Worlds Best Rehabs は、さまざまな治療アプローチの組み合わせを使用して、クライアントが飲酒を獲得および強化するのを支援します。 効果的であることが証明されているアプローチの XNUMX つは、依存症治療のための心理教育です。 心理教育は、情報、認識、サポートを提供し、認知行動療法や集中心理療法などの他のグループベースの個別療法と併用して、クライアントの長期的な回復を促進します。11.S. Sarkhel、OP Singh および M. Arora、精神障害における心理教育のための臨床診療ガイドライン - 心理教育の一般原則 - PMC、PubMed Central (PMC)。 28 年 2022 月 7001357 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得.

 

心理教育を理解する

 

心理教育とは、薬物乱用障害、付随する精神障害、および二重診断に直面している人々を教育する方法を指します。 依存症治療における心理教育は、薬物やアルコール依存症、またはギャンブル、性依存症、摂食障害などの強迫行動に対処する人々に情報、認識、サポートを提供する療法の一側面です。

 

また、うつ病や不安などの精神疾患に苦しんでいる人々のための効果的な治療法です。 与えられた情報を処理し、依存性行動に伴う強い感情や強迫的な衝動を調整するために、左側、つまり合理的な脳半球で機能します。

 

包括的な治療計画の一部として心理教育を使用すると、長期的な回復の可能性が高まります。主要な研究では、依存症を治療するための心理教育は、しっかりとしたしっかりとした教育を通じて治療中の人々に力を与えることにより、プラスの効果があることが示されています。

 

薬物乱用の心理教育はどのように役立ちますか

 

薬物乱用心理教育は、精神障害および薬物障害のある人が自分の回復に対処できるように設計されています。 治療法は、精神障害および物質障害のより良い理解につながる個人的戦略の開発をサポートし、クライアントが再発防止および回復戦略について学ぶのを直接助けることができます。 さらに、薬物乱用心理教育は、すべての人生の歩みから回復した人々がソーシャルサポートを構築し、薬物を効果的に使用し、ストレスを管理し、症状を治療するのに役立ちます。

 

世界最高のリハビリテーションは、中毒心理教育のプログラムを個人に合わせて調整し、名声、政治的精査、スポーツ要求、企業責任など、人生に存在する可能性のあるストレス要因に焦点を当てます。22.AB 会長兼 CEO Remedy Wellbeing、REMEDY Wellbeing® – 世界で最もユニークで排他的なリハビリ、Remedy Wellbeing.; 28 年 2022 月 XNUMX 日、https://remedywellbeing.com から取得.

 

依存症治療における心理教育

 

依存症の心理教育は基本的なQ&Aではなく、個人の破壊的な依存症のサイクルで最も差し迫った問題のいくつかを掘り下げます。「教育」に関連するものはすべて、講堂やフリップチャートのイメージを呼び起こしますが、薬物乱用の心理教育は複雑な問題への答えを提供します。 「なぜ飲酒をやめられないのか」などの中毒の質問。 または「なぜ私は一日を乗り切るためにこれらの薬が必要なのですか?」

 

中毒に苦しんでいる人にとって、これらの質問への答えは生と死の違いを生む可能性があり、Worlds Best Rehabsはクライアントに個々にそして集合的に答えを与えます。 贅沢なリハビリセンターでは、早期の成功した回復を達成するために、治療的、教育的、積極的な対策が必要です。

 

依存症治療における精神教育は、患者が自分の生活のコントロールを取り戻すことを可能にします。これは、「知識は力なり」という古い格言を理解しています。

 

包括的な治療計画の一部として使用すると、心理教育はさまざまな方法で長期的な回復の可能性を高めます。

 

  • 心理教育は、中毒の複雑な科学を簡単な言葉で理解する機会を提供します。
  • 治療の完了と(そのすべての課題を伴う)人生の再開はストレスになる可能性があります。 心理教育は、心配や恐れを和らげるのに役立つ貴重な情報を提供します。
  • 心理教育は、難しい質問や恥ずかしい質問に対する答えをクライアントに提供します。
  • 心理教育は、依存症が慢性的で治療可能な状態であり、性格の道徳的欠陥ではないことをクライアントに保証します。

 

長期回復のための心理教育

 

心理教育は、うつ病、不安神経症、双極性障害、強迫性障害 (OCD)、または心的外傷後ストレス症候群 (PTSD) など、依存症に一般的に関連するメンタルヘルスの問題に関する貴重な情報を提供します。 心理教育には、薬物やアルコールの治療における薬物療法の役割、および精神的健康全般に関する議論も含まれます。

 

中毒者が薬物やアルコールや摂食障害から解放されたら、栄養、信念体系、人間関係、信念など、物質のない新しい生活を成功させる方法について学ぶことはたくさんあります。 学習と意識の向上は、改善された自己制御と効果的な生活戦略を理解するための鍵です。

 

日常の問題に対処することは、新しく回復した人にとってストレスになる可能性があり、Worlds Best Rehabsのクライアントは 家族、友人、同僚との関係を改善する重要なコミュニケーションスキルを学びます。

 

家族全員のための心理教育

 

家族は、病気の受容性を高め、家族の偏見を減らすために心理教育に従事することが奨励されています. 家族の心理教育は、30 年以上前に二重診断研究の初期に出現し、行動的健康ケアの連続体におけるクライアントと家族のための心理教育の価値を示しました。

 

ベストリハビリリストに掲載されているすべてのリハビリには、クライアントの家族が開業医と慎重に協力して、独自の家族機能障害をよりよく理解し、対処するオプションがあり、構造として集合的に調和し、永続的な回復とより幸せな生活を促進するのに役立ちます.

 

治療なしの心理教育

 

ザレツキーと同僚による学術的レビューでは、トレーニングなしの薬物療法と比較して、薬物療法の補足としての心理教育は、服薬コンプライアンスの向上、入院期間の短縮、躁病の期間の遅延、および社会的および専門的な機能の改善と関連していることを示しました。 彼らはまた、治療を伴わない心理教育は、長期的な回復の可能性を 50% 低下させると結論付けました。

 

薬物乱用の心理教育は何を教えるか

 

通常、心理教育的要素には証拠に基づく研究が含まれ、幅広いトピックをカバーしています。 中毒モデルの性質をより完全に理解することができ、グループまたは個人のワークショップでは、生物学、心理学、および回復プロセスに関する詳細な情報も提供されます。

 

心理教育は、クライアントが依存症やその他の併発するメンタルヘルス障害の専門家になるように完全に武装させることにより、再発の現実と利用可能な予防方法をカバーします. 心理教育セッションは、構造化されたフレームワークで機能し、参加者の生活に直接関連するセッションで、ビデオ、録音、または講義の形式でコンテンツを提示します。

 

心理教育的カリキュラムは、クライアントが私たちを通して経験できる可能性のある認知および神経学的障害を考慮に入れており、専門家は提示された資料が理解しやすいことを保証しますが、通常は集中力と脳空間が必要です。 心理教育で通常議論されるトピックには、投薬、ストレス、アルコールと薬物の使用、回復に影響を与える対処スキルなどがあります。

 

薬物乱用の心理教育の利点

 

  • 単純な言語で説明される複雑なトピック
  • 人生の課題に対処
  • 非点収差
  • オープンディスカッション

 

中毒障害のあるクライアントは、一般的に自給率の面で自我不足があります。 この欠如は、日常の問題解決に苦しみ、闘うことができないことを表しています。、日常生活を交渉するために必要な基本的なスキルを与えることを犠牲にしてしばしば。

 

自我とライフスキルの赤字の問題に取り組むために、心理教育の使用 包括的な中毒治療プログラムの必要な部分です。 依存症の治療における心理教育的モダリティは、問題解決スキルを訓練するための総合的な役割を果たすことができます。これは、メンタルヘルスや依存症行動の精神力学的理論で使用できます。 

 

XNUMX代の心理教育

 

物質障害の発症は複雑であり、生物学的および環境的危険因子間の相互作用を伴うことを私たちは知っています。 物質障害のある多くのティーンエイジャーは、XNUMXつ以上の精神障害を抱えている可能性があり、集団心理教育は、親、医師、その他の臨床医のケアチームが青年期の薬物乱用の予防と治療を大いに支援するのに役立ちます。 世界最高のXNUMX代のリハビリは、集団的薬物乱用の心理教育に関する主要な権威のXNUMXつです。

 

前: グループ療法と個別療法

次の投稿: 乱用治療

  • 1
    1.S. Sarkhel、OP Singh および M. Arora、精神障害における心理教育のための臨床診療ガイドライン - 心理教育の一般原則 - PMC、PubMed Central (PMC)。 28 年 2022 月 7001357 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
  • 2
    2.AB 会長兼 CEO Remedy Wellbeing、REMEDY Wellbeing® – 世界で最もユニークで排他的なリハビリ、Remedy Wellbeing.; 28 年 2022 月 XNUMX 日、https://remedywellbeing.com から取得
ウェブサイト | +投稿

Alexander Bentley は、Worlds Best Rehab Magazine™ の CEO であり、Remedy Wellbeing Hotels & Retreats および Tripnotherapy™ の作成者兼パイオニアであり、燃え尽き症候群、依存症、うつ病、不安、心理的不安を治療するために「NextGen」サイケデリックなバイオ医薬品を採用しています。

CEOとしての彼のリーダーシップの下、Remedy Wellbeing Hotels™は、International RehabsによるOverall Winner: International Wellness Hotel of the Year 2022を受賞しました。 彼の信じられないほどの仕事のおかげで、個々の高級ホテルのリトリートは、世界初の 1 万ドル以上の専用ウェルネス センターとなり、有名人、スポーツ選手、経営者、王族、起業家など、絶対的な裁量を必要とする個人や家族、およびメディアの厳しい監視の対象となる人々に逃避を提供しています。 .

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。

Worlds Best Rehab は、独立したサードパーティのリソースです。 特定の治療プロバイダーを推奨するものではなく、注目のプロバイダーの治療サービスの品質を保証するものではありません。