依存症は病気ですか、それとも選択ですか?

依存症は病気ですか?

 

依存症とは、人によって異なることを意味します。 ある人にとっては、中毒性があり、時には危険な物質を使用することを強制することを意味します。強制がキーワードです。 他の人にとっては、依存症を維持するために行うすべての決定に対する非難から身を守るために依存症者が使用する言い訳です。

 

それで、誰が正しいのですか?

 

この記事では、議論の両面、つまり病気としての依存症と選択としての依存症について説明します。

 

依存症の背後にある科学

 

When using an addictive substance before you are “addicted”, the only feeling you get is from the chemical substance themselves. For opiates this might be elation, for benzodiazepines – relaxation. For behavioral addictions (sometimes known as process addictions) such as sex and gambling addiction, that feeling might be excitement and distraction, or the rush of taking a risk. But when someone continues to use the substance to the point where they are addicted, their brain chemistry has changed.

 

The dopamine, which anticipation of substance misuse brings, can completely thwart the efforts of the angel on your shoulder, compelling you to ignore any reasons why this is a bad idea. Once the high has kicked in, your brain’s “reward circuit” produces chemicals that reinforce your need for more dopamine, better hits, and larger risks.

 

Not everyone who chooses to engage in drinking and drug taking has an “underlying reason” for doing so. It might be due to peer pressure, curiosity, or just seeking fun. But for those who go on to become addicted, there is often a reason why substance use goes on to become a problem. Childhood trauma, poor quality of life, and mental health problems can all be factors why someone might turn to substances – for a distraction from pain and negative emotions.

議論–薬物依存症は病気です

 

病気モデルとしての依存症の背後にある論争は、しばしば道徳的な理由から来ています。 依存症は、道徳的な失敗、または個人的な欠陥として見られています。 中毒者が従事する嘘、欺瞞、および不道徳な行動は、彼らの愛する人に痛みをもたらします。 薬物使用の悪影響をもたらすために気さくな試みを試みるかもしれない家族や友人はしばしば怒りにさらされ、依存症になることを「選択」したことで依存症を非難しやすくなります。

 

それよりも複雑です。 嘘、秘密、欺瞞は依存症の一部です–判断を避け、恥から身を隠すためです。 挑戦に対する彼らの怒りの反応は、多くの場合、脳内の強力な化学変化によって引き起こされる防御機構であり、依存症者と依存症の間に何かが入るのを防ぎます。

 

Whether the beginnings of an addiction are due to nature or nurture, the disease model of addiction agrees that the use of an addictive substance 開始 選択肢として。 物語がより複雑になるのは、行動が強迫的になるまではありません。 彼らの脳の化学的性質が変化するまでに、依存症の人はまだ依存症の物質を使い続けることを「選択」していますが、選択は彼らの脳の化学変化によって引き起こされる強迫からの強迫の下でなされます。

 

穀物に反するものもありますが、科学界は一般的に、依存症はメンタルヘルスの病気と同じように病気であることに同意しています。 過食症の人で、食べ物を食べてから投げ出す人が、そうすることを選択したと思いますか? 疑わしい。

 

家族の病気としての中毒

 

While the scientific community hasn’t found the exact reason why, those with family members who struggle with substance misuse are significantly more likely to misuse substances themselves. Your genes themselves can give you a predisposition to becoming addicted, and the environment you grew up in is a huge factor.

 

家族の社会経済的要因は、薬物使用と強い関係があります。 家族が経済的に苦労している、または貧しい地域に住んでいる人々は、若い年齢で薬物やアルコールを誤用する可能性がはるかに高くなります。 薬物やアルコールの使用を中心に成長することも、依存性物質を誤用するかどうかの主要な要因です。

 

あなたの家族のダイナミクスは一般的にも影響を与える可能性があります。積極的な依存症に苦しんでいる親を持つ子供は、安定した家族の家に住む可能性が低くなります。 小児期および青年期のトラウマは、精神的健康状態および依存症に関連しており、依存症を「家族の病気」と見なす一因となっています。

反対の議論–薬物依存症は選択です

 

There are many reasons why someone might believe addiction to be a choice. Sometimes it can come from a place of ignorance such as seeing someone continue to engage in harmful behaviors, and being unable to understand why that might be the case.

 

しかし、一部の人にとっては、依存症を依存症の人の言い訳と見なしています。 彼らは、依存症の人が依存症の盾を使用して、依存症に関連する不健康な行動が引き起こす可能性のある傷や痛みに対する個人的な責任を防ぐことができると感じています。

 

科学界では、依存症にどの程度の選択が含まれるか、そして「病気」のラベルが有害である可能性があるかどうかについて、いくつかの議論があります。 病気として分類されるとき、依存症はしばしば治癒することができない慢性的な状態の中に置かれます。 このマントラには、AAなどのフェローシップグループも続きます。

 

「AAのフェローシップに参加している私たちは、アルコール依存症の治療法などはないと信じています。 私たちは通常の飲酒に戻ることはできません。アルコールを避ける能力は、肉体的、精神的、精神的な健康を維持することにかかっています。」 アルコール中毒者更生会

 

一部の医療専門家は、この不治の病のラベルは依存症を治療するためのあらゆる努力を傷つけ、治療は強迫行動をうまく取り除くことができると感じています。 糖尿病や喘息などの「正常な」状態のように扱われる場合、依存症を引き起こした根本的な心理的要因があるという事実を無視している可能性があります。

 

それで、依存症は病気ですか、それとも依存症は選択ですか?

 

The debate on whether addiction is a choice or an addiction might be useful to the scientific community, but for the public it can reinforce negative stereotypes and prejudice. While using addictive substances for the first time is a choice, there’s good scientific evidence that once the addiction takes hold the associated behaviors become compulsive. Whether a choice or a disease, there’s one thing that both sides of the argument agree on – addicts need help.

 

前: Bad Habit Vs Addiction

次の投稿: 暗号通貨中毒

CEO at 世界最高のリハビリ | Website | +投稿

Alexander Bentley は、Worlds Best Rehab Magazine™ の CEO であり、Remedy Wellbeing Hotels & Retreats と Tripnotherapy™ の作成者兼パイオニアであり、燃え尽き症候群、依存症、うつ病、不安、心理的不安を治療するために「NextGen」サイケデリックなバイオ医薬品を採用しています。

CEOとしての彼のリーダーシップの下、Remedy Wellbeing Hotels™は、International RehabsによるOverall Winner: International Wellness Hotel of the Year 2022を受賞しました。 彼の信じられないほどの仕事のおかげで、個々の高級ホテルのリトリートは、世界初の 1 万ドル以上の専用ウェルネス センターとなり、有名人、スポーツ選手、経営者、王族、起業家など、絶対的な裁量を必要とする個人や家族、およびメディアの厳しい監視の対象となる人々に逃避を提供しています。 .

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。