マルベーリャのアルコールデトックス

作成者 ピンNg

によってレビュー フィリッパゴールド

マルベーリャで薬物とアルコールのデトックス

 

アルコール依存症から解放される最初の段階であるマルベーリャのデトックスは、肉体的にも精神的にも不快です。 離脱の最初のプロセスは非常に不快な場合があるため、飲酒をやめたいと思っていても、アルコール依存症の多くの人は離脱体験を避けるために飲酒を続けます. また、一部の人々にとって、デトックス プロセスは危険であり、致命的でさえあります。そのため、臨床サポートを提供するマルベーリャでのアルコール治療を選択することが重要です。

 

アルコールは抑うつ作用があり、依存症の一部として、GABA やドーパミンなどを脳が生成して処理する方法に影響を与えます。11.S. Kattimani および B. Bharadwaj、アルコール離脱の臨床管理: 系統的レビュー – PMC、PubMed Central (PMC)。 19 年 2022 月 4085800 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得.

 

これは、依存症がどのように形成されるかの一部であり、アルコールの絶え間ない存在に対する脳の反応です. しかし、アルコールをやめると、脳はすぐに以前の機能に戻ることができなくなります。 たとえば、ドーパミンの生成はデトックス中に停止し、心理的および生理学的効果をもたらします.

 

アルコール離脱の重症度は、常に医学的監督の下で行われるべきであることを意味します。 そして、重度のアルコール依存症の人にとっては、症状を管理し、否定的な結果を回避するために、禁断症状は冷たい七面鳥ではなく、漸減する必要がある可能性があります。

アルコールデトックスの症状

 

アルコールの解毒は人によって異なり、いくつかの要因の影響を受けます。 の長さと重症度 アルコールの乱用 禁断症状と強度の主な予測因子となりますが、家族歴、他の薬の使用、その他の病状、サイズや性別などの生理学的要因など、他の要因も役割を果たす可能性があります.

 

残念ながら、個人が禁断症状にどのように反応するかを正確に予測することは不可能です。そのため、マルベーリャで医療監督を提供するアルコール治療を選択することが常に重要です.

 

通常、デトックスには XNUMX ~ XNUMX 日かかり、症状は重症度に応じて分類されます。22.A. Sachdeva、M. Choudhary および M. Chandra、アルコール離脱症候群: ベンゾジアゼピンおよびその先 – PMC、PubMed Central (PMC)。 19 年 2022 月 4606320 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得.

 

軽度の症状は通常、最初に現れ、通常は解毒開始後6〜12時間です。 これらは通常、頭痛やわずかな震えなどの比較的軽微で管理しやすい症状です。

 

その後、中程度の症状が現れます。通常、最後の飲酒から12〜24時間後です。 これらには、発汗によって毒素を排出しようとする体が含まれる可能性があり、吐き気、嘔吐、および下痢が含まれる可能性があります。 より重症の場合、発熱と混乱が生じる可能性があります。 一部の人はまた、離脱の心理的影響を感じ、不安や鬱病を経験します。

 

重度の症状は、最後の飲酒から XNUMX ~ XNUMX 日の間に離脱プロセスのある時点で始まる傾向があります。 これらの症状が現れた場合、誰もが経験するわけではありませんが、これらの症状は中毒者とその愛する人の両方にとって苦痛であり、潜在的に危険な場合があります.

 

症状には、発作、幻覚、錯乱、見当識障害、振戦などがあります。 約 XNUMX% の患者が、一般に DT として知られる振戦せん妄を経験します。 これらは重度で制御不能であり、死亡率は XNUMX ~ XNUMX% です。

 

アルコールデトックスは身体的に厳しいプロセスであり、患者の脳の化学的性質の変化のために心理的な課題を生み出しながら、体は毒素を除去するために可能なあらゆる手段を利用します。 デトックスプロセスの最も危険な部分である重度の症状に備えることは重要ですが、ほとんどの人は軽度から中等度の症状しか経験しません。

マルベーリャでのデトックス後に何が起こるか

 

デトックス プロセスは XNUMX ~ XNUMX 日以内に完了します。 しかし、アルコール依存症からの回復は、はるかに長いプロセスです。 ほとんどの人にとって最大の部分はリハビリですが、一部の人にとっては、アルコール依存症による後遺症がはるかに長く続きます。33.H. Myrick and RF Anton、アルコール離脱の治療 – PMC、PubMed Central (PMC).; 19 年 2022 月 6761817 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得.

 

研究はほとんどありませんが、多くの人が遷延性離脱症候群に苦しんでいると報告しています。 これは認識された障害になっていないため、明確で合意された症状はありませんが、重度の離脱症状を経験した人々によって報告された多くの一般的な症状があります。

 

これらの症状には、アルコールへの渇望、睡眠障害、うつ病や不安などの継続的な気分の問題が含まれます。 症状の多くは依存症による脳の変化に関連している可能性があり、この状態について報告されている症状は、症状が最大12か月続く可能性があることを示唆しており、明らかに、渇望などの症状は再発の可能性を高める可能性があります。

マルベーリャでデトックス中に使用できる薬

 

残念ながら、マルベーリャ プロセスのデトックスとその症状は、体がシステムから毒素を除去することの副作用です。 これは、体がプロセスを経ている間に症状を管理しようとすることが最善の薬であることを意味します.

 

アルコールデトックスに関連するほとんどの薬物は、実際には、デトックスプロセスが完了した後に使用されます. マルベーリャでのアルコール治療の入院患者または外来患者として臨床サポートを受けている場合は、治療の一環としていくつかの薬が提供される場合があります。

 

ベンゾジアジピンは最も一般的に使用される薬です。 これらの弛緩薬は、震えや不安などの身体的症状の管理を助けるために、離脱中によく使用されます。 デトックスが終わったら、ナルトレキソンのような薬を使って渇望を減らすことができます。 これは離脱症状を増加させる効果がある可能性があるため、通常は解毒自体の間に回避しています。

 

使用される他の薬には、中毒の影響から脳が回復するのを助けることができるアカンプロサートが含まれます。 他のサポートと併用すると、リハビリとアルコール依存症からの回復を促進するのに効果的です。 重度の中毒のジスルフィラムも使用できますが、アルコールを摂取すると重度の反応を引き起こし、抑止力として再発を防ぎます。

マルベーリャでデトックスする際のサポートの重要性

 

マルベーリャのアルコール解毒の重症度は、慎重に取り組む必要があるプロセスになります。 デトックスは、特にアルコール依存症が重度または長期にわたる人にとっては、さまざまな症状を引き起こし、極端な場合、離脱は致命的となる可能性があります。 彼らが中毒を終わらせたいと思うかもしれないが、アルコール中毒者が医学的アドバイスを求め、彼らの愛する人の支援を求めることが重要です。

 

このプロセスは非常にトラウマになる可能性があり、常習者は中毒の継続をデトックス プロセスよりも好ましいと見なす可能性がありますが、マルベーリャでのアルコール治療による適切で専門的なサポートがあれば、デトックスの効果を管理し、リスクを軽減して、それは、新しい冷静な生活への成功の第一歩であること。

 

前: アルコールデトックスを理解する

次の投稿: 最高のアルコール依存症リハビリ施設

マルベーリャの中毒治療

マルベーリャの中毒治療

世界で最も独占的なリハビリ

救済の幸福

マルベーリャでのリハビリ

マルベーリャでのリハビリ

インナーライトマルベーリャ

インナーライトマルベーリャ

救済の幸福

ホーム

イビザカーム

イビザカーム

カミノリカバリー

カミノリカバリー

ソリススペイン

ソリス

フェニックスプログラム

フェニックスプログラム–スペインでのリハビリ

スペインの他のリハビリ
https://www.worldsbest.rehab/rehab-in-spain/

  • 1
    1.S. Kattimani および B. Bharadwaj、アルコール離脱の臨床管理: 系統的レビュー – PMC、PubMed Central (PMC)。 19 年 2022 月 4085800 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
  • 2
    2.A. Sachdeva、M. Choudhary および M. Chandra、アルコール離脱症候群: ベンゾジアゼピンおよびその先 – PMC、PubMed Central (PMC)。 19 年 2022 月 4606320 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
  • 3
    3.H. Myrick and RF Anton、アルコール離脱の治療 – PMC、PubMed Central (PMC).; 19 年 2022 月 6761817 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
ウェブサイト | +投稿

Alexander Bentley は、Worlds Best Rehab Magazine™ の CEO であり、Remedy Wellbeing Hotels & Retreats および Tripnotherapy™ の作成者兼パイオニアであり、燃え尽き症候群、依存症、うつ病、不安、心理的不安を治療するために「NextGen」サイケデリックなバイオ医薬品を採用しています。

CEOとしての彼のリーダーシップの下、Remedy Wellbeing Hotels™は、International RehabsによるOverall Winner: International Wellness Hotel of the Year 2022を受賞しました。 彼の信じられないほどの仕事のおかげで、個々の高級ホテルのリトリートは、世界初の 1 万ドル以上の専用ウェルネス センターとなり、有名人、スポーツ選手、経営者、王族、起業家など、絶対的な裁量を必要とする個人や家族、およびメディアの厳しい監視の対象となる人々に逃避を提供しています。 .

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。

Worlds Best Rehab は、独立したサードパーティのリソースです。 特定の治療プロバイダーを推奨するものではなく、注目のプロバイダーの治療サービスの品質を保証するものではありません。