テキサス州プラノ遠隔医療

{ゴールド}遠隔医療
  1. タイトル: テキサス州プラノでの遠隔医療オンライン治療
  2. 著者: マシューアイドル
  3. エディター: アレクサンダー・ベントレー
  4. 閲覧: フィリッパゴールド
  5. Plano, Texas Telehealth: 私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 最新の正確な情報については、記事のバッジを探してください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、 お問い合わせページ
  6. 免責条項: 事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。
  7. 利益: 広告または外部リンクを通じて何かを購入すると、手数料が発生する場合があります。
  8. 今すぐヘルプを入手: ライセンス取得者に連絡し、 資格のあるセラピストが 20% オフ

テキサス州プラノ遠隔医療

遠隔健康相談を検討中

遠隔健康カウンセリングを検討していますか? 20%オフ

テキサス州プラノでのテレヘルスの改善-資格のあるセラピストによる実際の治療、オンライン、低コスト

セッションは、ビデオ通話を使用してオンラインで行われます。 これにより、テキサス州プラノのどこにいても(そして実際には世界中のどこにでも)、カウンセラーと話すことができ、直接セッションに参加した場合よりも低コストで治療を受けることができます.

 

ビデオ チャットを使用したくない場合は、電話でテキサス州プラノのカウンセラーと話すだけです。 また、BetterHelp ライブ チャット プラットフォーム全体でテキストを介してカウンセラーにメッセージを送ることもできます。

 

Betterhelp はジャーナリングも提供しており、テキサス州プラノのクライアントが自分の感情、感情、欲求について書くことができます。 ジャーナルは、各クライアントのカウンセラーによってレビューされ、エントリにフィードバックが与えられます。

専門分野 | | 燃え尽き症候群、不安、うつ病、ストレス、怒りの管理、依存症、悲嘆、季節性うつ病、生命の危機、禁煙など

 

完全なオンラインプログラム | | BetterHelp 療法の標準料金はたったの $ です週60~90ドル または月額$ 240から$ 360。

 

主要な取り組み | | 不安治療、低コスト、メッセージング、ライブビデオ、電話、ライブチャットのための最大のオンラインセラピープラットフォーム、契約のロックなし、いつでもキャンセル、認可され認定された不安セラピストのみ

 

利用可能な割引 | | 私たちは、私たちのウェブサイトの読者のために寛大な 20% 割引を交渉しました. ここを押すと 20% オフ

テキサス州プラノ遠隔医療:遠隔医療依存症治療とは何ですか?それはどのように機能しますか?

 

テキサス州プラノでの遠隔医療中毒治療は、中毒の助けを得る最も一般的な方法の XNUMX つです。 さまざまな方法で行うことができますが、基本的な考え方は、セラピストまたはカウンセラーとオンラインでつながることです. これは、ビデオチャット、電話、またはテキストメッセージで行うことができます.

 

テキサス州プラノでの遠隔医療依存症治療が非常に人気がある理由はたくさんあります。 まず、便利です。 あなたは家からそれをすることができます、それはあなたがあなたの家を出てリハビリセンターに旅行する必要がないことを意味します。 これは、旅行を困難にする仕事や家族の義務がある場合に特に役立ちます。

 

テキサス州プラノでは、メンタルヘルスのニーズに合わせて遠隔医療を選択する人がこれまでになく増えています。 テキサス州プラノ遠隔医療療法では、オンラインで、テキサス州プラノまたは他の場所にある自宅の安全な場所から、信頼できるインターネット接続を使用してセラピストと会うことができます。 メンタルヘルスの問題から回復するために必要な助けを得るために、世界中のどこからでもセラピストと話すことができます。 テキサス州プラノの遠隔医療依存症治療は、交通費や住宅費を支払う必要がないため、手頃な価格です。

 

研究は、それが従来のリハビリと同じくらい効果的である可能性があることを示しています. 場合によっては、スケジュールと場所に関してより柔軟に対応できるため、より効果的である可能性さえあります。 テキサス州プラノの一部のテレヘルス企業は、テキスト療法を提供しており、カウンセラーと XNUMX 日を通してコミュニケーションをとる機会を提供しています。 今日、テキサス州プラノには、遠隔医療療法の大規模なプロバイダーが複数あります。 これらのブランドは、クライアントと話すために経験豊富なカウンセラーやセラピストを雇っています。 Google で簡単に検索すると、テキサス州プラノのさまざまな遠隔医療企業が表示されます。

 

オンライン療法の利点

 

のいくつかの利点 online therapy in Plano, Texas アクセスしやすさと利便性が向上し、自宅で快適に治療を受けることができます。 また、人里離れた地域やサービスが行き届いていない地域に住んでいる人や、移動に問題があり対面での治療セッションに参加するのが難しい人にとっても有益です. さらに、オンライン療法は、メンタルヘルスの問題について助けを求めることに関連する偏見を減らすのに役立つ可能性があります.

 

オンライン治療の利点には、アクセシビリティと利便性の向上、および自宅で快適に治療を受ける能力が含まれます。 また、人里離れた地域やサービスが行き届いていない地域に住んでいる人や、移動に問題があり対面での治療セッションに参加するのが難しい人にとっても有益です. さらに、オンライン療法は、メンタルヘルスの問題について助けを求めることに関連する偏見を減らすのに役立つ可能性があります.

 

テキサス州プラノの遠隔医療とは何ですか?

 

テキサス州プレイノ Telehealth は、テキサス州プレイノにある固定拠点から電気通信およびデジタル通信技術を介して医療サービスを提供することです。 サービスには、提供者から患者までの医療が含まれます。 オンライン医療としても知られるテキサス州プラノの遠隔医療は、脆弱な人々に重要なサービスを提供しています。 誰もがセラピーや居住型リハビリ プログラムに参加できるわけではありません。 したがって、テキサス州プラノの遠隔医療サービスは、これらの物理プログラムに参加できない個人に必要な治療を提供します https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7380287/.

 

テキサス州プレイノの遠隔医療療法グループの多くは、クライアントに問題について話す機会を提供しています。 ただし、オンラインの医療提供者は、メンタルヘルスや依存症の問題について話すための単なるプラットフォーム以上のものをクライアントに提供しています。

 

テキサス州テレヘルスのプラノが提供するその他のサービスがあります。 クライアントは、食事の摂取量を追跡し、その情報を栄養士と共有できます。 メンタルヘルスの問題について、電子メールでセラピスト、精神科医、またはカウンセラーと話すことができます。 テキサス州プラノには、個人に症状に関する情報を提供する遠隔医療もあります。

テキサス州プラノ、治療のための遠隔医療

 

テキサス州プラノでの遠隔医療療法は、オンライン リハビリテーションと呼ばれることがよくあります。 人と話すのが苦手な方にもおすすめです。 セラピストと話している間、彼らは自分の家の快適さにいることができます。 忙しくて、対面でのセッションが難しい方にもおすすめです。 セラピーとメンタルヘルスには、いまだにスティグマがつきものです。 テキサス州プラノからオンラインでセラピーにアクセスすることで、セラピストと話すのがより快適になるかもしれません. テキサス州プラノのテレセラピーは、オンライン版の集中外来プログラムに参加するようなものです。

 

テキサス州プラノでのオンライン治療は、インターネットを介して人々に提供されている他の多くのサービスと同様に、人々の生活を楽にします。 テキサス州プラノの遠隔医療療法がクライアントを支援する問題のいくつかは次のとおりです。

 

  • 不安
  • うつ病
  • 食べ物と食事の問題
  • 関係の問題
  • ストレス
  • 強迫観念(OCD)
  • 子育ての問題

 

調査が実施されました テキサス州プラノの遠隔医療療法の有効性について。 テキサス州プラノのオンラインベースの治療は、対面式のセッションと同じくらい効果的であるようです。 認知行動療法などの治療法は、対面療法と同様にオンライン配信にも最適です。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6334286/.

 

テキサス州プラノのメンタルヘルスの専門家と治療法は、誰もがいつでも利用できるとは限りません。 したがって、テキサス州プラノの遠隔医療療法はあなたにぴったりかもしれません。 対面療法よりもテキサス州プラノの遠隔医療療法を選択する理由は次のとおりです。

 

  • テキサス州プラノのメンタルヘルスプロバイダーから離れすぎている
  • 忙しい仕事や私生活のスケジュールを持っている
  • テキサス州プラノでの対面療法セッションに不快感を覚える

 

テキサス州プラノで遠隔医療を使用しない理由はいくつかあります。 これらには以下が含まれます:

 

  • あなたが深刻な心理的または感情的な問題に苦しんでいる場合
  • 重度のうつ病がある場合
  • 自殺念慮を経験した場合
  • あなたが双極性の場合
  • あなたが統合失調症の場合

 

上記の問題が発生した場合は、テキサス州プラノの自宅近くで直ちに医師の診察を受けてください。 これらの問題に加えて、テクノロジーの使用に不快感を覚える人は、対面療法に固執する必要があります。 オンラインセッションのプライバシーが不足している個人は、対面セッションを使用する必要があります。

 

適切なテキサス州プラノの遠隔医療プロバイダーを見つける方法

 

テキサス州プラノの遠隔医療プロバイダーを決定する前に、調査を行う必要があります。 テキサス州プラノで遠隔医療を提供している人の中には、資格のあるセラピストではない人もいます。 提供される治療は効果的ではなく、危険な場合があります。 さらに、資格のない人と協力することで、彼らはあなたの個人情報を取得することができます。

 

オンラインセッションに参加する前に、オンラインセラピストがテキサス州プラノでライセンスを取得していることを確認してください。 テキサス州プラノのオンラインセラピストは、修士号を取得し、メンタルヘルス療法に関連する経験を積んでいる必要があります。 テキサス州プラノの遠隔医療は、助けを必要としている個人にとって素晴らしいツールですが、間違ったセラピストを取得すると、あなたが良くなるのを妨げたり、あなたの状態をさらに悪化させたりする可能性があります。

 

Zoom、Skype、その他のオンラインコミュニケーションプログラムを通じてオンラインセラピーセッションを提供しているセラピストがいます。 テキサス州プラノのオンラインセラピストがオンラインテクノロジーを使用して高品質のサービスを提供できることを確認する必要があります。

 

テキサス州プラノで人々がオンライン療法にアクセスする最も重要な理由のXNUMXつは、価格です。 テキサス州プラノでの遠隔医療療法は、多くの場合、対面式のセッションよりも安価です。 長期的には、価格の割引は重要になる可能性があります。

 

テキサス州プラノの遠隔医療療法の長所と短所

 

テキサス州プラノでのオンライン療法には長所と短所があります。 すべての人に適しているわけではありませんが、テキサス州プラノの一部の人々にとって理想的なメンタルヘルスサービスになる可能性があります。 テキサス州プラノの遠隔治療を検討している場合は、オンラインセッションを調べて、ニーズに合っているかどうかを確認する必要があります。

 

テキサス州プラノの遠隔医療療法の長所は次のとおりです。

 

  • アクセシビリティ–テキサス州プラノの遠隔医療は、インターネットに接続している限り、世界中のほぼすべての人が利用できます。 忙しいスケジュールの方に最適です。
  • 説明責任–それは仮想であるため、あなたはあなたの任命に対して責任を負います。 直接の予定をスキップするのは簡単かもしれませんが、オンラインで利用できるようにすると、スキップする可能性が低くなります。
  • グループダイナミクス–テキサス州プラノだけでなく、遠く離れた場所から他の人とのグループセラピーセッションで人々と関わり、交流することができます

 

テキサス州プラノでの遠隔医療の短所は次のとおりです。

 

  • 非言語コミュニケーション–非言語コミュニケーションはそれほど多くありません。 対面式のセッションでは、テキサス州プラノのセラピストが非言語的な手がかりを得ることができます。
  • 守秘義務–オンライン治療会社の情報がハッキングされ、支払い情報が盗まれる可能性があります。
  • 機器–テキサス州プラノの一部のセラピストは、通信機器に高度なスキルを持っていない場合があります。 また、高品質のオンライン接続が得られない場合があります。
  • 深刻な問題への対処–テキサス州プラノのセラピストは、クライアントにとってより多くの問題につながる深刻なメンタルヘルスの問題を診断できない場合があります。
  • 経済的問題–オンライン療法は対面式のセッションよりも安価です。 ただし、多くの保険会社は、テキサス州プラノの遠隔医療セッションをカバーしていません。 したがって、請求書がすぐに積み重なる可能性があります。

 

テキサス州プラノの遠隔医療療法は、メンタルヘルスの支援を求めるクライアントにとって素晴らしいサービスです。 アクセスのしやすさ、価格、説明責任により、優れた選択肢となっています。 治療が必要な場合は、オンラインセッションを検討してください。

テキサス州プラノにサービスを提供し、世界最高のリハビリによって検証された適切な遠隔医療療法のリハビリを見つける

以下は、テキサス州プラノにサービスを提供しているトップの遠隔医療および遠隔治療プロバイダーをまとめたものです。

以下に紹介する遠隔治療クリニックは、 世界最高のリハビリ 物理的にもオンラインプログラムを通じても、非常に高いレベルのケアを提供します。 物理的にテキサス州プラノに拠点を置く場合とそうでない場合がありますが、サービスを複数のタイムゾーンに沿って拡張し、テキサス州プラノのより広いエリアで真の遠隔医療を保証します。

平らな ( 遊びます-能) is a city in Collin County and Denton County, Texas. It had a population of 285,494 at the 2020 census. It is a principal city of the Dallas–Fort Worth metroplex.

Indigenous peoples around Collin County and North Texas included the Caddo, Comanche, Cherokee, Delaware, Kickapoo, and Tonkawa. European settlers came to the area near present-day Plano in the early 1840s. Facilities such as a sawmill, a gristmill, and a store soon brought more people to the area. A mail service was established, and after rejecting several names for the nascent town (including naming it in honor of then-President Millard Fillmore), residents suggested the name 平らな (from the Spanish word for “flat”) in reference to the local terrain, unvaried and devoid of any trees. The post office accepted the name.

In 1872, the completion of the Houston and Central Texas Railway helped Plano grow, and it was incorporated in 1873. By 1874, the population was over 500. In 1881, a fire raged through the business district, destroying most of the buildings. Plano was rebuilt and business again flourished through the 1880s. Also in 1881, the city assumed responsibility for what would eventually become Plano Independent School District (PISD), ending the days of it being served only by private schools.

At first, Plano’s population grew slowly, reaching 1,304 in 1900 and 3,695 in 1960. By 1970, Plano began to feel some of the boom its neighbors had experienced after World War II. A series of public works projects and a change in taxes that removed the farming community from the town helped increase the population. In 1970, the population reached 17,872, and by 1980, it had exploded to 72,000. Sewers, schools, and street development kept pace with this massive increase, largely because of Plano’s flat topography, grid layout, and planning initiatives.

During the 1980s, many large corporations, including J. C. Penney and Frito-Lay, moved their headquarters to Plano, spurring further growth. By 1990, the population reached 128,713, dwarfing the county seat, McKinney. In 1994, Plano was recognized as an All-America City. By 2000, the population grew to 222,030, making it one of Dallas’s largest suburbs. Plano is surrounded by other municipalities and so cannot expand in area, and there is little undeveloped land within the city limits. But as of July 2012, one large tract of land was being developed: Turnpike Commons at the intersection of Renner Road and the George Bush Turnpike (also bordered by Shiloh Road to the east). The development is expected to feature apartments, medical facilities, restaurants, a Race Trac gas station, and a hotel.

On June 15, 2015, after five years of disuse, a 178-foot water tower built in 1985 was demolished to make room for Legacy West.

According to the United States Census Bureau, Plano has an area of 71.6 square miles (185.5 km). Plano is about 17 miles (27 km) from Downtown Dallas.

Plano is in the humid subtropical climate zone. The highest recorded temperature was 118 °F (48 °C) in 1936. On average, the coolest month is January and the warmest is July. The lowest recorded temperature was –7 °F (–22 °C) in 1930. The maximum average precipitation occurs in May.

As of the 2020 United States census, there were 285,494 people, 107,320 households, and 76,211 families residing in the city. As of the census of 2010, Plano had 259,841 people, 99,131 households and 69,464 families, up from 80,875 households and 60,575 families in the 2000 census. The population density was 3,629.1 people per square mile (1,400.8/km). There were 103,672 housing units at an average density of 1,448.6 per square mile (559.3/km2).

In 2010, the racial makeup of the city was 67% White (58.4% non-Hispanic white), 7.5% Black, 0.36% Native American, 16.9% Asian (6.5% Asian Indian, 5.2% Chinese, 1.2% Vietnamese, 1.2% Korean, 0.6% Filipino, 0.2% Japanese, 1.9% Other), 0.1% Pacific Islander, 3.86% from other races, and 3.0% from two or more races. Hispanic or Latino made up 14.7% of the population (10.6% Mexican, 0.5% Puerto Rican, 0.2% Cuban, 3.5% Other). By 2020, the racial makeup was 46.3% non-Hispanic white, 8.77% Black or African American, 0.3% Native American, 24.08% Asian, 0.05% Pacific Islander, 0.47% some other race, 4.0% multiracial, and 16.04% Hispanic or Latino of any race, reflecting nationwide trends of greater diversification.

Of the 99,131 households in 2010, 35.8% had children under the age of 18. Married couples accounted for 56.7%; 9.7% had a female householder with no husband present, and 29.9% were non-families. About 24.4% of all households were individuals, and 5.3% had someone living alone who was 65 years of age or older. The average household size was 2.61, and the average family size was 3.15. Data indicates that 28.7% of Plano’s population was under the age of 18, 7.0% was 18 to 24, 36.5% was 25 to 44, 22.9% was 45 to 64, and 4.9% was 65 years of age or older. The median age was 34. For every 100 females, there were 99.3 males. For every 100 females age 18 and over, there were 97.2 males.

According to a 2007 estimate, the median income for a household in the city was $84,492, and the median income for a family was $101,616. About 3.0% of families and 4.3% of the population were living below the poverty line, including 4.6% of those under age 18 and 7.8% of those 65 or older. In 2007, Plano had the United States’ highest median income among cities with a population exceeding 250,000, at $84,492. As of 2010, Plano had a median income of $103,913 annually. According to crime statistics, there were four homicides in Plano in 2006, the lowest rate of all U.S. cities of 250,000 or more people.

Plano also has a substantial Iranian-American community.

As of the 2000 U.S. census, of the foreign-born residents, 17% were from China, 9% from India, and 4% from Vietnam; a total of 30% of foreign-born residents came from these three countries. That year, 22% of Plano’s foreign-born originated in Mexico.

Along with Houston, Plano has one of Texas’s two major concentrations of Chinese Americans. According to the 2010 U.S. census, there were 14,500 ethnic Chinese in Plano. Of cities with 250,000 or more residents, Plano has the sixth-largest percentage of ethnic Chinese, making up 5.2% of the city’s population. Charlie Yue, the executive vice president of the Association of Chinese Professionals, estimated that about 30,000 Plano residents are Chinese and that many “don’t participate in government activities, like the census”.

Chinese professionals began to settle Plano by 1991. As of 2011, DFW’s Chinese restaurants catering to ethnic Chinese are mainly in Plano and Richardson. Most of the DFW-area Chinese cultural organizations are headquartered in Plano and Richardson. Plano has six Chinese churches and supermarkets, including 99 Ranch Market and zTao Marketplace.

According to the Plano Economic Development 2017 Leading Employers Report, Plano’s top 10 employers were:

About 80% of Plano’s visitors are business travelers, due to its close proximity to Dallas and the many corporations headquartered in Plano. The city also has a convention center owned and operated by the city. Plano has made a concerted effort to draw retail to its downtown area and the Legacy West in an effort to boost sales tax returns. It has two malls, The Shops at Willow Bend and The Shops at Legacy. Collin Creek Mall closed in 2019. There is an area that has apartments, shops, and restaurants constructed with the New Urbanism philosophy. An experimental luxury Walmart Supercenter is at Park Boulevard and the Dallas North Tollway.

Some of the country’s largest and most recognized companies are headquartered in Plano. Legacy Drive in ZIP Code 75024, between Preston Road and Dallas North Tollway, has many corporate campuses. The following companies have corporate headquarters (Fortune 1000 headquarters) or major regional offices in Plano:

In 2014 Toyota Motor North America announced its U.S. headquarters would move from Torrance, California, to Plano. In 2015, Liberty Mutual announced its plans to build a new corporate campus just a few blocks east of Toyota’s, bringing an estimated 5,000 jobs to the community. In January 2016, JP Morgan Chase and mortgage giant Fannie Mae announced they would move their regional operations to Plano, bringing a combined 7,000 new jobs to the community.

The Plano Public Library System (PPLS) consists of the W.O. Haggard, Jr. Library, the Maribelle M. Davis Library, the Gladys Harrington Library, the Christopher A. Parr Library, the L.E.R. Schimelpfenig Library, and the Municipal Reference Library. The Haggard Library houses the system’s administrative offices.

The Plano Symphony Orchestra is partially funded by the city, performing regularly at St. Andrew United Methodist Church and the Charles W. Eisemann Center for Performing Arts in nearby Richardson.

Although Plano is named for the flat plains of the area, large trees abound in the city’s many parks. One such tree, estimated to be over 200 years old, is in Bob Woodruff Park, near Rowlett Creek on the city’s east side.

There are two main open space preserves: Arbor Hills Nature Preserve (200 acres) which contains a pond in honor of Vasil Levski and Oak Point Park and Nature Preserve (800 acres). Bob Woodruff Park and Oak Point Park and Nature Preserve are connected by biking trails, making the green space one large uninterrupted park space larger than New York City’s Central Park (840 acres). Go Ape, a family-friendly place with outdoor activities like ziplining and Tarzan swings, is at Oak Point Park and Preserve. The Plano Balloon Festival, which happens every September, also takes place at Oak Point Park and Preserve. Another open space is Haggard Park, which hosts the annual Plano AsiaFest in May. Acreage of all spaces the Parks Department manages totals 3,830.81. The Plano Master Plan has the acreage growing to 4,092.63 when complete.

There are five recreation centers: Tom Muehlenbeck Recreation Center, Carpenter Park Recreation Center, Oak Point Recreation Center, Liberty Recreation Center, and Douglass Community Center. Carpenter Park Recreation Center, Oak Point Recreation Center, and Tom Muehlenbeck Recreation Center have an indoor pool, while Liberty Recreation Center has an outdoor pool. Plano Senior Recreation Center is a recreation center dedicated to seniors. There are three swimming pools owned by Plano Parks & Recreation: Harry Rowlinson Community Natatorium, Jack Carter Pool, and Plano Aquatic Center. All the pools are indoor except Jack Carter Pool. Douglass Community Center houses the Boys & Girls Club of Collin County. For pet owners, there are The Dog Park at Jack Carter Park, The Dog Park at Bob Woodruff, and Dog Park at Windhaven Meadows Park.

The City of Plano also owns and operates four performing arts venues and a conference center under the auspices of the Parks and Recreation Department: the Courtyard Theater, the Cox Playhouse, the Amphitheater at Oak Point Park, McCall Plaza, and the Oak Point Park Nature and Retreat Center.

Plano has a council-manager form of government, with a part-time city council that sets city policy and a city manager responsible for city operations. The Plano City Council has eight members elected on a nonpartisan basis in staggered odd-year elections every other May. Council members and the mayor are elected by and serve the city at large. Council members serving in places one, two, three, and four must reside in that district, and the mayor always serves in place six. The mayor receives a yearly stipend of $8,400, and each council member receives $6,000.

All council members, including the mayor, serve a maximum of two consecutive four-year terms. The mayor and city council members could serve for a maximum of three consecutive three-year terms until voters approved changes to the city charter in 2011.

The 38th mayor of Plano was businessman Harry LaRosiliere, who was elected the first African-American mayor of Plano in 2013. Plano elected its first African-American city council member, David Perry, in 1990.

On December 8, 2014, the city council passed an amendment to its civil rights act to include sexual orientation and gender identity as protected. The ordinance drew the ire of conservative groups such as the Liberty Institute, which argued that it infringed on business owners’ religious rights. Many civil rights organizations were not supportive either, such as the Human Rights Campaign, which argued that the policy’s exclusion of transgender individuals from being able to use bathrooms and locker rooms that align with their gender identity rendered the ordinance not worth defending.

In the 2008 fiscal year Comprehensive Annual Financial Report, Plano reported $194 million in revenue, $212 million in expenditures, $278 million in total assets, $31.4 million in total liabilities, and $337 million in cash and investments.

Plano is a voluntary member of the North Central Texas Council of Governments association, the purpose of which is to coordinate individual and collective local governments and facilitate regional solutions, eliminate unnecessary duplication, and enable joint decisions.

In 2020, Police Chief Ed Drain announced the Plano Police Department would no longer make arrests for possession of small amounts of marijuana.

Dallas’s wealthy northern suburbs were solidly Republican and in 2005, the Bay Area Center for Voting Research ranked Plano, the largest of them, the United States’ fifth-most conservative city. It has become more competitive in national elections as its population has diversified, shifting toward the Democratic Party since 2016, when Donald Trump won the city by a narrow margin. In 2018, Beto O’Rourke became the first Democrat to win the city in a statewide election in the 21st century, and in 2020, Joe Biden won the city by an even larger margin. But in local and state elections, Plano still leans Republican, voting to reelect Governor Greg Abbott in 2018 and narrowly reelecting Republicans to the Texas House of Representatives and Texas Senate in 2018 and 2020.

Plano is split between the 66th and 67th Districts in the Texas House of Representatives, and is wholly contained in Texas Senate District 8.

Republican Matt Shaheen represents Texas House District 66, and Republican Jeff Leach has represented Texas House District 67 since 2013. Republican Angela Paxton represents Texas Senate District 8.

Republican Congressman Keith Self has represented Texas’s 3rd congressional district since 2023. Plano is represented in the United States Senate by Republicans Ted Cruz and John Cornyn.

Plano has 70 public schools, 16 private schools, and two campuses of the Collin County Community College District (Collin College).

The Plano Independent School District serves most of the city. Student enrollment has increased dramatically over the past few decades. Plano has a unique high school system, in which grades 9–10 attend a high school and grades 11–12 attend a senior high. There are three senior high schools (grades 11–12) in PISD: Plano East, Plano, and Plano West. Small portions of Plano are served by the Lewisville Independent School District, Frisco Independent School District, and Allen Independent School District (Commercial Only for Allen ISD).

Plano schools graduate more of their students than comparable districts. In 2010, 93% of Plano Independent Student District students graduated from high school, 18 percentage points higher than Dallas ISD’s rate. In 2012, Plano Independent School District announced that 128 seniors were selected as National Merit Semifinalists.

Plano has given $1.2 billion in property tax revenue to other school districts through Texas’s “Robin Hood” law, which requires school districts designated as affluent to give a percentage of their property tax revenue to other districts outside the county. In 2008, PISD gave $86 million. Controversy erupted when the salaries of teachers in less affluent districts—such as Garland ISD—exceeded the salaries of teachers in districts that had to pay into “Robin Hood”.

In the 2013–14 school year, Plano ISD opened two four-year high school academies, one focusing on STEAM (STEM education plus Media Arts) called Plano ISD Academy High School, and the other on health science. Additionally, the district modified its International Baccalaureate program to allow freshmen and sophomores in the program to be housed at Plano East Senior High School.

In addition to Catholic primary and middle schools, the Roman Catholic Diocese of Dallas operates John Paul II High School in Plano. Non-Catholic private schools in Plano include Great Lakes Academy, Spring Creek Academy, Yorktown Education, and Prestonwood Christian Academy. In addition, the Collin County campus of Coram Deo Academy is in the One Church (previously Four Corners Church) facility in Plano.

Plano is the home to two campuses of Collin College, one at the Courtyard Center on Preston Park Boulevard and the larger Spring Creek Campus on Spring Creek Parkway at Jupiter. DBU North, a satellite campus of Dallas Baptist University, is in west Plano, and offers undergraduate and graduate courses and houses the admissions and academic counseling offices.

Plano is one of 12 suburbs of Dallas that opt into the Dallas Area Rapid Transit (DART) public transportation system. During its early membership in DART, Plano was lightly served by bus lines, but in 2002, the Red Line of the DART Light Rail project opened stations in Downtown Plano and at Parker Road, which provide access to commuters traveling to work elsewhere in the Dallas area. The Orange Line traverses the same route for selected weekday/peak hour trips. The Silver Line is also planned to run through Southern Plano. Approximately 1% of the city’s population uses DART. The Parker Road station charged for parking for non-member city residents from April 2, 2012, to April 3, 2014, as a part of the Fair Share Parking initiative. Two DART park-and-ride bus facilities, separate from the rail lines, are in Plano: Jack Hatchell Transit Center and Northwest Plano Park & Ride.

Plano was the first city in Collin County to adopt a master plan for its road system. The use of multi-lane, divided highways for all major roads allows for higher speed limits, generally 40 mph (64 km/h), but sometimes up to 55 mph (89 km/h) on the northern section of Preston Road. Plano is served directly by several major roadways and freeways. Central Plano is bordered to the east by U.S. Highway 75, the west by Dallas North Tollway, the south by President George Bush Turnpike (Texas State Highway 190 (east of Coit Road)), and the north by Sam Rayburn Tollway (Texas State Highway 121). Preston Road (Texas State Highway 289) is a major thoroughfare that runs through the city. Plano is Texas’s largest city without an interstate highway.

Plano opened a new interchange at Parker Rd. and U.S. 75 in December 2010. The single-point interchange is the first of its kind in Texas. The design is intended to reduce severe congestion at this interchange. According to reports, traffic congestion has been reduced by 50-75%.

Plano is roughly 30 miles northeast of Dallas/Fort Worth International Airport, the primary airport serving Plano residents and visitors.

The Plano Fire-Rescue has 386 full-time firefighters who operate out of 13 stations.

The Plano Police Department is an accredited agency and Plano’s principal law enforcement agency. The department is led by Chief Ed Drain. The department has authorized staff of 414 sworn officers, 178 full-time civilian employees, and 79 civilian part-time employees. It is a member of the North Texas Crime Commission and uses the Crime Stoppers program.

Plano is part of the North Texas Municipal Water District, headquartered in Wylie, Texas. Lake Lavon is the district’s principal source of raw water. Plano’s water distribution system includes:

Plano’s sister cities are:

Brampton, Canada, was also a sister city to Plano until 2018.

 

テキサス州プラノの遠隔医療セラピスト

会社名 評価 カテゴリー 電話番号 アドレス
フリスコカウンセリングとウェルネスフリスコカウンセリングとウェルネス
5レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19723801842 6842 Lebanon Rd、Ste 103、Frisco、TX 75034
プレミアケア行動健康クリニック–マッキニープレミアケア行動健康クリニック-マッキニー
4レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、精神科医 +14696310935 4510 Medical Center Dr、Ste 206、McKinney、TX 75069
平和なあなたのカウンセリングとセラピーサービス平和なあなたのカウンセリングとセラピーサービス
8レビュー
心理学者 +19724138393 9901 Valley Ranch Pkwy E、Ste 2040、Irving、TX 75063
ReClaim Health –ローラプリコートReClaim Health-Laura Precourt
9レビュー
栄養士、カイロプラクター、自然療法/ホリスティック +19729439355 2237 W Parker Rd、Ste F、ReClaim Health、Plano、TX 75023
ストーンブリッジ精神医学ストーンブリッジ精神医学
5レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、ナースプラクティショナー、精神科医 +14693529210 8668 John Hickman Pkwy、office 401、Frisco、TX 75034
アシェンフェルターカウンセリングアシェンフェルターカウンセリング
1レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +14693829879 12740 Hillcrest Dr、Ste 270、ダラス、TX 75230
シャープウェルネスシャープウェルネス
9レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +14693891105 8751 Collin Mckinney Pkwy、Ste 602、McKinney、TX 75070
ダンカークランド、MS LPC-Sダンカークランド、MS LPC-S
6レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19727681124 2007 N Collins Blvd、Ste 505、Richardson、TX 75080
キャロルトンスプリングスキャロルトンスプリングス
80レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、リハビリテーションセンター、医療センター +19722424114 2225 Parker Rd、Carrollton、TX 75010
David W. Crumpacker, MDDavid W. Crumpacker, MD
8レビュー
精神科医 +19724031463 5300 W Plano Pkwy、Ste 100、Plano、TX 75093
アシュリーシハブ–フリスコカウンセリングとウェルネスアシュリーシハブ-フリスコカウンセリングとウェルネス
2レビュー
ライフコーチ、カウンセリング、メンタルヘルス +19723801842 6842 Lebanon Rd、Ste 103、Frisco、TX 75034
ヘリテージ行動センターヘリテージ行動センター
4レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19729643214 2222 W Spring Creek Pkwy、Ste 116、Plano、TX 75023
ファーストステップカウンセリングファーストステップカウンセリング
1レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19726335544 900 E Park Blvd、Ste 153、Plano、TX 75074
ホルツ心理療法&カウンセリングホルツ心理療法&カウンセリング
4レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19728558442 4500 Hillcrest Rd、Ste 115、Frisco、TX 75035
革新的な心革新的な心
2レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、精神科医、緊急ケア +19724780322 3417 Spectrum Blvd、Ste 200、Richardson、TX 75082
プライム精神医学プライム精神医学
34レビュー
精神科医 +14697774691 11330 Legacy Dr、Ste 103、Frisco、TX 75033
カウンセラーアマンダカウンセラーアマンダ
3レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19402303381 3256 Southern Dr、Ste 461、Garland、TX 75043
ホリナー精神科グループホリナー精神科グループ
8レビュー
精神科医、心理学者 +14697420199 4510 Medical Center Dr、Ste 208、McKinney、TX 75069
TMS臨床療法-DFWTMS臨床療法-DFW
1レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +19723909853 4500 Hillcrest Rd、Ste 115、Frisco、TX 75035
Lifeologie –フリスコLifeologie-フリスコ
2レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +12145560996 6371 Preston Rd、Ste 120、Frisco、TX 75034

テキサス州プラノでのあらゆる種類のリハビリと治療

 

テキサス州プラノの摂食障害治療センター

 

テキサス州プラノの摂食障害治療センター

 

テキサス州プラノウェルネスセンター

 

テキサス州プラノウェルネスセンター

 

テキサス州プラノでのリハビリの費用

 

テキサス州プラノでのリハビリの費用

 

テキサス州プラノのメンタルヘルスリトリート

 

テキサス州プラノのメンタルヘルスリトリート

 

テキサス州プラノでのオンラインリハビリ

 

テキサス州プラノでのオンラインリハビリ

 

 

テキサス州プラノのうつ病治療センター

 

テキサス州プラノのうつ病治療センター

 

 

テキサス州プラノでの薬物リハビリ

 

テキサス州プラノでの薬物リハビリ

 

 

テキサス州プラノのスボクソンクリニック

 

テキサス州プラノのスボクソンクリニック

 

 

テキサス州プラノの不安神経症治療センター

 

テキサス州プラノの不安神経症治療センター

 

テキサス州プラノのトップ精神科医

 

テキサス州プラノのトップ精神科医

 

 

テキサス州プラノのクリスチャンリハビリセンター

 

テキサス州プラノのクリスチャンリハビリセンター

 

 

テキサス州プラノでのニューロフィードバック療法

 

ニューロフィードバック療法プラノ、テキサス

 

 

テキサス州プラノでの州資金によるリハビリ

 

 

テキサス州プラノでの州資金によるリハビリ

 

 

テキサス州プラノでのティーンのリハビリ

 

テキサス州プラノでのティーンのリハビリ

 

テキサス州プラノの治療寄宿学校

 

テキサス州プラノの治療寄宿学校

 

テキサス州プラノ近郊のリハビリテーションセンター

 

テキサス州プラノ近郊のリハビリテーションセンター

 

 

テキサス州プラノのすべてのリハビリ

 

テキサス州プラノでのリハビリ

 

 

グレーターエリアでのリハビリ

 

 

テキサスでのリハビリ

 

 

世界中で最高のリハビリを見つける

 

世界最高のリハビリ

テキサス州プラノ遠隔医療

テキサス州プラノ遠隔医療

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。

Worlds Best Rehab は、独立したサードパーティのリソースです。 特定の治療プロバイダーを推奨するものではなく、注目のプロバイダーの治療サービスの品質を保証するものではありません。