フロリダ州ラルゴでのティーンのリハビリ

{ティーン}ティーンリハビリの若者のための住宅治療センター

  1. タイトル: フロリダ州ラルゴのティーン リハビリ
  2. 作成者 マシューアイドル
  3. による編集 ヒュー・ソームズ
  4. によってレビュー フィリッパゴールド
  5. フロリダ州ラルゴのXNUMX代のリハビリ: Worlds Best Rehab では、読者が自分のヘルスケアについて十分な情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています。 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私たちはフォローする 事実確認情報の厳格なガイドライン 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新かつ正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツのいずれかが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社までお知らせください。 お問い合わせページ
  6. 免責条項: 事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。
  7. 利益: 広告または外部リンクを通じて何かを購入すると、手数料が発生する場合があります。

フロリダ州ラルゴの若者向け住宅治療センター

フロリダ州ラルゴでのティーンのリハビリ

 

フロリダ州ラルゴのティーンエイジャーは、脆弱な年齢であるため、薬物やアルコールを使用する可能性が高くなります。 フロリダ州ラルゴの中学生と高校生の若者は、他の人と調和するために薬物やアルコールを使い始めることがよくあります。 フロリダ州ラルゴの友人たちがすでに始めているので、薬物やアルコールを使い始める人もいます。 フロリダ州ラルゴでは薬物とアルコールの実験が一般的であり、まもなく、本格的な依存症につながる可能性があります1https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5771977/.

 

フロリダ州ラルゴでティーンエイジャーとして無実のパーティーをしているように見えることは、青年が20代後半からXNUMX代前半に達すると化学物質依存につながる可能性があります。 フロリダ州ラルゴのXNUMX代の若者による薬物とアルコールの使用は、脳と身体の発達に悪影響を与える可能性があります。 たとえば、向精神薬を大量に使用すると、脳の報酬回路が変化します。

 

XNUMX代の子供の興味は、年をとるにつれて変化することに気付くかもしれません。 これは当然のことですが、薬物やアルコールを大量に使用すると、青少年の優先順位が完全に変わる可能性があります。 フロリダ州ラルゴのティーンエイジャーは、成人の物質の誤用者とは異なるリハビリの必要性を持っています。 フロリダ州ラルゴでのXNUMX代のリハビリは、若者に教育、同時発生する精神障害の治療、家族の問題などを提供します。

 

フロリダ州ラルゴでのXNUMX代の薬物またはアルコール依存症の兆候

 

あなたの子供が麻薬やアルコール中毒の場合、特定の兆候が現れます。 物質が異なれば、誤用や乱用の兆候も異なります。 フロリダ州ラルゴの両親が子供が麻薬やアルコールを使用しているのではないかと疑うのは当然のことです。 あなたがこれらの親の一人である場合、あなたはこれらの兆候に目を光らせているべきです:

 

  • 陸上競技や趣味とは関係のない容貌の変化
  • お金を借りたり盗んだりする
  • 別の友達や新しい友達と時間を過ごす
  • 友達グループの完全な変更
  • 食欲の変化
  • 睡眠習慣の変化
  • 過度の秘密または嘘
  • 成績や学業成績の急激な低下
  • 彼らの寝室の麻薬関連器具

 

フロリダ州ラルゴのリハビリまたは治療寄宿学校

 

フロリダ州ラルゴで最高のXNUMX代のリハビリセンターは、薬物やアルコール依存症を治療するために複数のアプローチを使用する施設です。 薬物乱用への包括的かつ全体的なアプローチは、しばしば中毒を治療するための最も効果的な方法です。 フロリダ州ラルゴのティーンエイジャーはユニークであり、依存症治療のニーズもユニークです。 フロリダ州ラルゴでのリハビリでは、数ではなく個別に治療することで、長期的に治癒することができます。

 

フロリダ州ラルゴの若者向けの収容療法センター、別名フロリダ州ラルゴのティーンリハビリに関しては、XNUMX代の若者には複数の選択肢があります。 十代の若者たちにとって最も効果的な治療法は、個人の住宅リハビリまたは統合されたオンラインプログラムで利用できます。そこでは、長期的な変化のために家族の環境にとどまりながら治療が実施されます。

 

If private rehab is cost-prohibitive or online rehab therapy is not possible due to an unstable family environment, then group residential rehab might be an option for you.   Residential teen rehab in Largo, Florida, also known as inpatient rehab, provides a number of benefits to adolescents. Teenagers will receive full-time, around-the-clock care. An individual remains on-campus day and night allowing them to detox, attend therapy, and be removed from the environment that bred substance abuse. Doctors and staff will be on hand 24 hours a day providing teenagers care with every need that arises.

 

欠点は、帰国後に家庭環境に変化を実装することが難しいことが多いことと、精神的健康に苦しんでいる他のXNUMX代の若者の大規模なグループと友情を築くことです. これは、多くの場合、望ましくない仲間のグループにつながる可能性があり、多くのXNUMX代の若者がしらふや清潔を保つことができないため、リハビリ前の行動に戻っても大丈夫だと感じられる環境につながる可能性があります. 繰り返しますが、これが、XNUMX代のセラピーのゴールドスタンダードが、長期にわたる変化のために家庭内で実施されるプライベートリハビリまたはプライベートオンラインリハビリである理由です.

 

Outpatient rehab in Largo, Florida is also available for teens. Teens do not remain on campus 24 hours a day. Adolescents attend time-specific appointments during the day with their therapists and/or counselors. This is known as a Teen Intensive Outpatient Program.

 

フロリダ州ラルゴにある寄宿学校は、XNUMX代の若者のためのもうXNUMXつの治療オプションです。 これらの学校は多様な回復プログラムを提供し、多くのイデオロギーからの実証済みの技術を使用しています。 学生はフロリダ州ラルゴの寄宿学校のキャンパスに住み、飲酒、自尊心、学業の発展に取り組んでいます。

 

フロリダ州ラルゴのティーンエイジャーは、行動の改善に焦点を当てた治療と組み合わせた治療を使用するリハビリカリキュラムを受けます。 治療寄宿学校の最終的な目標は、うつ病などの潜在的な状態を発見して対処することに基づいた治療を提供することです。 XNUMX代の若者は、感情的および怒りに基づく問題を修正するための計画的なプログラムを作成することを学びます。 これらの問題はすべて薬物乱用に関連しているわけではありません。

 

フロリダ州ラルゴでのXNUMX代のリハビリはどのように機能しますか?

 

薬物乱用は個人によって異なります。 また、XNUMX代の若者と大人の違いもあります。 フロリダ州ラルゴの青年は、薬物やアルコールに定期的にアクセスできるよりも、薬物乱用者である可能性が高くなります。 さらに、ティーンエイジャーはしばしば同時発生する障害を持っています。

 

最近では、フロリダ州ラルゴでのXNUMX代のリハビリが、特にXNUMX代の若者向けのプログラムを設計および実装しています。 以前は、フロリダ州ラルゴ近郊のXNUMX代向けのプログラムは、かつては成人向けに使用されていたものとまったく同じでした。 XNUMX代のリハビリプログラムでは、複数のアプローチを組み合わせて問題を治療します。

 

フロリダ州ラルゴのティーンリハビリセンターが青少年を治療する方法には、次のようなものがあります。

 

  • 個人およびグループ療法
  • やる気を起こさせる面接
  • 認知行動療法
  • 危機管理
  • 家族療法
  • 12ステッププログラム
  • 離脱症状や渇望を管理するための薬

 

Cognitive Behavioral Therapy is one of the most used methods by teen rehabs in Largo, Florida. CBT helps an individual see how their thoughts fuel behavior. They learn how to change negative, destructive thoughts. CBT enables a teenager to identify high-risk situations which lead to drug use2https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5026681/。 それは彼らが渇望と引き金となる出来事に対処するための対処スキルを構築するのを助けます。 CBTは最も広く使用されている治療法のXNUMXつであり、リハビリ中のほとんどのXNUMX代および成人がそれを経験します。

 

私の子供はフロリダ州ラルゴで収容療法が必要ですか

 

フロリダ州ラルゴでXNUMX代のリハビリを探す前に、子供が本当に薬物やアルコール依存症に苦しんでいるかどうかを判断する必要があります。 麻薬を試したり、麻薬を使わずに性格を変えたりするだけでも、リハビリに行く必要はありません。 中毒と実験には大きな違いがあります。

 

フロリダ州ラルゴのXNUMX代と若い大人は、高校でより多くの自立を見つけることがよくあります。 彼らは新しい友達に会い、新しい活動に参加します。 すべての活動に薬物やアルコールの使用が含まれているわけではありません。 むしろ、それは成長し、彼らの人生を変える十代の若者です。

 

麻薬やアルコールは禁じられた魅力を提供します。 これは、XNUMX代の若者が物質に目を向ける主な理由のXNUMXつです。 これらの物質を試すことは中毒に変わる可能性があります。 しかし、薬物やアルコールを試している多くの子供たちがそれらを使い続けていないことを忘れてはなりません。

 

フロリダ州ラルゴで最高のティーンリハビリを選ぶ方法

 

You should research residential treatment centers for youth in Largo, Florida before sending your child to it for treatment. Along with reading reviews of the rehab, you need to learn about the treatment methods used at the center. It is helpful to tour the facility to ensure it is safe, clean, and offers an atmosphere you would like your child to be a part of.

 

さらに、センターで出会ったスタッフに尋ねる質問のリストを作成します。 これにより、リハビリのプロセスと治療についてより多くの洞察が得られます。 あなたの研究をすることは不可欠です。 フロリダ州ラルゴでのXNUMX代のリハビリは質が高くないため、子供は帰宅時に薬物乱用や依存症に戻る可能性があります。

カウンセラーとセラピスト

カウンセラーとセラピスト

フロリダ州ラルゴでの XNUMX 代の治療

フロリダ州ラルゴのヤングアダルトカウンセリング

 

ティーン・カウンセリングのオンライン・プログラムは、家族の家にいながら、プライベートなオンラインの 1 対 1 の環境にいることによって、ヤングアダルトが治療を受けるのが最善であるという前提で機能します。 ティーンカウンセリングは、ティーンエイジャーが日常生活にセラピーを取り入れ、ライフスタイルをより成功した健康的なライフスタイルに再構築するのに役立ちます. このアプローチは、フロリダ州ラルゴの若者が長期的に役立つ環境を作り出すことにつながります。

フロリダ州ラルゴでのティーンセラピー

 

長さ(奥行き): は、米国フロリダ州ピネラス郡で2020番目に大きい都市であり、タンパベイエリアでも82,500番目に大きい都市です。 69,371年の国勢調査の時点で、この都市の人口は2000人で、XNUMX年のXNUMX人から増加しています。

ラルゴは1905年に最初に設立されました。1913年に、それは評議会マネージャー政府を採用したピネラス郡で最初の自治体になりました。 「町」から「都市」へと何度か行き来し、1974年に再び都市になりました。1960年代の人口増加が寝室のコミュニティに変わり始めるまで、それは農産物の輸出国でした。 1905年から2010年にかけて、ラルゴは 9/16 平方マイル(1.5 km)から約19平方マイル(48 km)2)、そして人口は約300人から70,000人以上です。 ラルゴは農村部の農業コミュニティとして始まり、フロリダで最も人口密度の高い郡でXNUMX番目に大きな都市になりました。

ラルゴは高知県土佐山田町の姉妹都市であり、32年連続で全国植樹祭に選ばれています。

ラルゴ地域の先住民はトコバガ インディアンでした。 彼らは、現在のセイフティ ハーバーの近くにある考古学的遺跡から、セイフティ ハーバー文化としても知られています。 スペイン人は 16 世紀にフロリダにやって来ました。 18 世紀、トコバガは、ヨーロッパの疫病、スペイン人の入植努力、スペインとイギリスの間の戦争に何年にもわたってさらされた後、実質的に破壊されていました。 ラルゴ地域は、ピネラス郡の他の地域と同様に、ほとんど人けのない場所でした。 1763 年、スペインはフロリダの主権をイギリスに譲渡しました。 1783 年、フロリダは 1821 年にアメリカ合衆国に移管されるまで、再びスペインの主権に陥りました。保存は今日です。

その後、1852 年頃、ジェームズとダニエルのマクマレンの家族がラルゴ地域に定住しました。 南北戦争中、多くのラルゴ地域住民がアメリカ連合国のために戦った。 ジェームズとダニエル・マクマレンは、フロリダ州の牛をジョージア州とカロライナ州に連れて行き、戦争遂行を支援する「牛騎兵隊」のメンバーでした。 他の地域の住民は封鎖ランナーに仕えました。 さらに、南軍の軍隊で奉仕するためにその地域を離れた人もいました。 戦後、ラルゴ地域の住民は農業、牧場、柑橘類の栽培に戻りました。 オレンジ ベルト鉄道は 1888 年にこの地域に到達しました。この時までに、トルル湖はラルゴ湖と改名され、湖の西側のコミュニティの住民は「ラルゴ」という名前を採用しました。

ラルゴの町は 1905 年に法人化されました。ラルゴ湖は成長と発展のために 1916 年に排水されました。 1910 年から 1930 年の間に、ラルゴの人口は約 500% 増加しました。 それから何十年もの間、ラルゴの経済は農業に基づいていました。柑橘類の果樹園、牛の牧場、養豚場、テレピン蒸留器、製材所などです。 ラルゴは、柑橘類の包装、缶詰、出荷の中心地であったことから、「柑橘類の街」として最もよく知られています。

大恐慌はラルゴにとって不親切でした。 ラルゴには、その義務を果たすための財源がありませんでした。 ラルゴは 1913 年の境界と憲章に戻った。 人口は約30%減少しました。 1920 年代後半に国債の発行によって生じた負債は、第二次世界大戦後まで返済されませんでした。

第二次世界大戦後の数年間、人々がこの地域に移動し始め、ラルゴが周辺の土地を併合したため、急速な成長が見られました。 核兵器開発競争の間、ゼネラル・エレクトリックやハネウェルなどのエレクトロニクス企業が経済を押し上げました。 人口は 5,000 年に約 1960 人、20,000 年には約 1970 人、70,000 年には約 2005 人に増加しました。ラルゴの元の面積は 9/16 平方マイルでした。 1982 年までに、ラルゴは約 13 平方マイル (34 km) から約 19 平方マイル (48 km) に成長しました。2果樹園、農場、牧場、森林は、ほとんどが住宅、ショッピング センター、軽工業に取って代わられました。 人口の増加により、都市サービスの必要性が高まりました。 特に故トム・フィースター市長のリーダーシップの下で、すべての部門が急速な成長と質の向上を遂げました。 2010 年、ラルゴ セントラル パークが旧ピネラス カウンティ フェアグラウンズの跡地にオープンしました。 ラルゴ セントラル パーク パフォーミング アーツ センターとラルゴ公共図書館の舞台です。

2006 年の委員会選挙で、ラルゴは XNUMX つのマイルストーンを達成し、以前のモットーである「進歩の都市」を推進しました。 民主党のパトリシア・ジェラルドが市初の女性市長になった。 彼女は激しい争奪戦で、現職のロバート E. ジャクソン市長を僅差で破った。 (ジャクソン博士は、ピネラス郡で選出された民主党員の中で最も長く務めていた.非党派として行動する XNUMX 人のメンバーからなる委員会の役割を継続します。つまり、市長と独立して平等に審議し、市の政治問題を民主的に決定します。

また、市はアフリカ系アメリカ人の子孫であるロドニー J. ウッズ (Rodney J. Woods) を最初の市長に選出し、元市長に大差をつけた。

24 年 2009 月 XNUMX 日、ラルゴ セントラル パークの完成直後に建設された象徴的なラルゴ クロック タワーが取り壊されました。 市の役人は、タワーの崩壊と、交通量の多い交差点のランドマークの劣化が、気分を高揚させ、記憶に残る光景ではなかったため、変更を行いました。 時計塔を囲むエリアは、このエリアをラルゴ セントラル パークに組み込むために、小さなガーデン エリアに置き換えられました。

ラルゴは次の場所にあります。 27°54′30″N 82°46′40″ W /27.90833°N 82.77778°W / 27.90833; -82.77778 (27.908355、-82.777791)。 ピネラス郡の中心に位置し、南西は沿岸内水路、北東はタンパ湾に接しています。 クリアウォーターはラルゴの北隣です。 北西にはベルエアとベルエア ブラフスの町があります。 ピネラス パークの街はラルゴ東部の南にあります。 セミノールはラルゴ西部の南にあります。 リッジクレストの未編入コミュニティは、ラルゴの西部と中央部の間に大きな飛び地を形成しています。 多数の飛び地がラルゴ市に点在しています。

2010 年、ラルゴの総面積は 18.6 平方マイル (48.1 km) で、そのうち 17.6 平方マイル (45.6 km)2) は陸地で、0.97 平方マイル (2.5 km)、つまり 5.22% が水域でした。 2004 年現在、651 エーカー (2.6 km) の公園地があった。 市の最低標高は海抜です。 市の標高は最高で約 69 フィート (21 m) である。 ラルゴには多くの湖が点在しており、そのうち最大のものは 53 エーカー (210,000 m) のテイラー湖です。2)。 アレンズ クリークはラルゴの北東に流れ、タンパ湾に流れ込んでいます。 マッケイ・クリークはラルゴ南西部を流れて沿岸内水路に流れ込む。 マッケイ クリーク盆地は洪水が発生しやすい場所です。

ラルゴはピネラス半島に位置しているため、メキシコ湾とタンパ湾に近いため、気候は穏やかです。 冬には、フロリダ本土よりもピネラス半島の方が気温が高くなります。 冬は通常、他の年よりも乾燥しています。 雨量のほとんどは、海風がメキシコ湾から内陸に運ばれる夏に発生します。 ラルゴの最低気温は 22 年 6 月 13 日に記録された 1962 °F (-100 °C) です。ラルゴの最高気温は 38 年 5 月 1995 日に記録された XNUMX °F (XNUMX °C) です。

2010 年の国勢調査の時点で、市内には 77 人、648 世帯、38,022 家族が住んでいます。 人口密度は 19,573 平方マイルあたり 4,945.7 人 (1,909.5/km) でした。 46,859 平方マイルあたり 2,984.6 (1,152.4/km) の平均密度で XNUMX 戸の住宅がありました。2)。 市の人種構成は、86.3% が白人、5.6% がアフリカ系アメリカ人、0.3% がネイティブ アメリカン、2.7% がアジア人、0.2% が太平洋諸島系住民、2.6% がその他の人種、2.4% が 9.0 つ以上の人種で構成されていました。 人口の XNUMX% は、あらゆる人種のヒスパニック系またはラテン系です。

38,022世帯があり、そのうち16.7%が18歳未満の子供と暮らし、36.2%が同居している夫婦、11.2%が夫のいない女性世帯主、48.5%が非家族でした。 全世帯の39.6%が個人で構成されており、18.1%が65歳以上の独身者でした。 平均世帯のサイズは2.02であり、平均家族サイズは2.67だった。

市の人口は分散しており、15.6 歳未満が 18%、7.1 歳から 18 歳が 24%、22.6 歳から 25 歳が 44%、28.6 歳から 45 歳が 64%、26.0 歳以上が 65% でした。古い。 年齢の中央値は 48.2 歳でした。

2000年の国勢調査の時点で、市内には69,371人、34,041世帯、18,382世帯が居住しています。 人口密度は4,429.1平方マイルあたり1,710.1人(XNUMX / km)でした。2)。 40,261 平方マイルあたり 2,570.5 (992.5/km) の平均密度で 92.71 戸の住宅がありました。 市の人種構成は、2.69% が白人、0.34% がアフリカ系アメリカ人、1.69% がネイティブ アメリカン、0.08% がアジア人、0.99% が太平洋諸島民、1.49% がその他の人種、4.18% が XNUMX つ以上の人種で構成されていました。 人口の XNUMX% は、あらゆる人種のヒスパニック系またはラテン系です。

34,041世帯があり、そのうち17.0%が18歳未満の子供と暮らし、41.8%が同居している夫婦、9.0%が夫のいない女性世帯主、46.0%が非家族でした。 全世帯の38.5%が個人で構成されており、19.3%が65歳以上の独身者でした。 平均世帯のサイズは1.99であり、平均家族サイズは2.59だった。

市内では15.6歳未満が18%、6.1歳から18歳が24%、25.1歳から25歳が44%、23.0歳から45歳が64%、30.1歳以上が65%と人口が分散している。古い。 年齢の中央値は48歳でした。 女性100人ごとに対して男性は87.0人でした。 100歳以上の女性18人ごとに対して男性は83.9人でした。

市内の世帯の収入の中央値は32,217ドルで、家族の収入の中央値は41,523ドルでした。 男性の収入の中央値は30,186ドルでしたが、女性の収入は24,477ドルでした。 市の一人当たりの収入は20,848ドルでした。 6.0歳未満の9.1%と12.0歳以上の18%を含め、家族の約8.6%と人口の65%が貧困線以下でした。

1960 年代に始まった人口増加に伴う農業の衰退により、ラルゴはベッドルーム コミュニティに大きく変化しました。 エレクトロニクスは重要ではありますが、農業によって残されたギャップを埋めることができませんでした. 他の照明メーカーは、さまざまなニッチを満たしています。 ラルゴの仕事の大部分は、サービスと小売販売です。

ヘルスケア産業は、高齢化社会のニーズを満たすために成長を続けています。 病院は、この地域で最も強力な雇用主の 1978 つです。 ホスピタル コーポレーション オブ アメリカ (HCA) が所有するラルゴ メディカル センターは、XNUMX 年に設立されました。 ラルゴのダウンタウン近くの元のキャンパスと、HCA による買収後にラルゴ メディカル センター - インディアン ロック キャンパスと改名されたインディアン ロックス ロードの旧サン コースト病院です。

かつて、ラルゴはエッカード社の本社でした。

市の 2018 年コミュニティ開発課によると、市内のトップの雇用主は次のとおりです。

ラルゴ公共図書館は、1916 年に市庁舎の地下に開館し、約 560 冊の蔵書を所蔵しています。 1968 年には、14,000 タイトルを収容する新しい場所が開設されました。 1977 年、寄付された 5 エーカー (2.0 ヘクタール) の土地に新しい図書館が建てられました。 1989 年の拡張に続いて、図書館は 250,000 のアイテムを保持していました。 ラルゴ公共図書館の現在の建物は 2005 年に建てられました。

ラルゴ市は、一般から時差のある XNUMX 年の任期で選出された XNUMX 人の市委員会によって統治されています。 市長は、委員会の委員および議長を務めます。 委員会の役割には、都市政策の設定、憲章および法律によって課せられた義務の実行が含まれます。 そうすることで、市委員会は、決議と条例の通過によって市の権限を実行します。 委員会は市長を任命して指示し、市長による市弁護士、市長補佐、市職員の任命を承認します。

シティ マネージャーは、ラルゴへの自治体サービスの管理と提供を管理部門に指示します。 管理部門には、市長室、市弁護士室、市書記室、コミュニケーションおよびマーケティング室、管理および予算局、市弁護士が含まれます。

シティ マネージャーは、シティ コミッション全体によって任命され、責任を負います。 ラルゴ市は、市長を解任するにはコミッショナーの圧倒的多数が必要であるという点で独特です。 市長は、すべての部門長を任命および監督し、委員会の承認を得て、市長補佐、市書記官、および市弁護士を任命します。

パイネラス カウンティ スクールズは初等中等学校を運営しています。 学区の管理本部はラルゴにあります。 ラルゴの高校はラルゴ高校で、そのマスコットはレイザーバックのイノシシです。 柑橘類の包装産業、特にジョン・テイラー上院議員の包装工場が町に影響を与えたことから、彼らはパッカーズと呼ばれています。

ラルゴの中学校はラルゴミドルです。 スクールカラーはオレンジと黒で、マスコットはトラ。

シラー国際大学のメイン キャンパスはラルゴにあります。

セント パトリックス カトリック スクールには、ラルゴのトロッター ロードにキャンパスがあり、就学前から中学 8 年生の私立教育を行っています。 市内の他の私立学校には、Veritas Academy があります。

ラルゴには、タンパ国際空港とセントピーターズバーグ クリアウォーター国際空港の 6 つの国際空港があります。 セントピーターズバーグ クリアウォーター空港は、ダウンタウンの東約 9.7 マイル (20 km) にあります。 タンパ国際空港は、タンパ湾の反対側、ダウンタウンの東約 32 マイル (686 km) に位置しています。 パイネラス サンコースト トランジット オーソリティは、パイネラス郡全体でバス サービスを提供し、タンパへの急行サービスを提供しています。 州道 688 号線と 275 号線はラルゴを通り、I-75 に接続する州間高速道路 19 号線に接続します。 US 19 と US XNUMX Alternate はラルゴを通って南北に走っています。 郡道のグリッドは、ラルゴとその隣人を結んでいます。

 

会社名 評価 カテゴリー 電話番号 アドレス
サンドラホール、LMHC、CAP、CRC、PAサンドラホール、LMHC、CAP、CRC、PA
2レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +17276230974 10825 Seminole Blvd、Unit 2A、Sandra Hall&Associates、Largo、FL 33778
コーヒーカウンセリングコーチング&コンサルティングコーヒーカウンセリングコーチング&コンサルティング
1レビュー
ライフコーチ、カウンセリング、メンタルヘルス +14076444911 33 シックス ストリート、Ste 202、セント ピーターズバーグ、フロリダ州 33701
アンMサントロ、マサチューセッツ州、LMHCアンMサントロ、マサチューセッツ州、LMHC
1レビュー
カウンセリングとメンタルヘルス +17273200324 4625 E Bay Dr、Ste 301、Clearwater、FL 33764
最高の自分になり、成長するためのカウンセリング最高の自分になり、成長するためのカウンセリング
2レビュー
ライフコーチ、ヨガ、カウンセリング、メンタルヘルス +17275135932 2837 1st Ave N、セントピーターズバーグ、フロリダ州 33713
希望と癒しのためのDeVoeカウンセリング希望と癒しのためのDeVoeカウンセリング
1レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、ライフコーチ +17274216826 801 W Bay Dr、Ste 515、Largo、FL 33770
デボラ・ブルームデボラ・ブルーム
1レビュー
心理学者 +17275171938 14521 Walsingham Rd、Largo、FL 33774
ライフラインカウンセリングライフラインカウンセリング
1レビュー
心理学者 +17272012577 11020 Seminole Blvd、Largo、FL 33778
マインドボディラボマインドボディラボ
2レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、代替医療、トレーナー +17274595045 6601 1st Ave N、サンクトペテルブルク、FL 33710
ケリーラッシュ、MS、LPCケリーラッシュ、MS、LPC
1レビュー
催眠術/催眠療法、ライフコーチ、カウンセリング、メンタルヘルス +19717161775 オレゴン州ポートランド97086
ティーリングカウンセリングサービスティーリングカウンセリングサービス
3レビュー
ライフコーチ、カウンセリング、メンタルヘルス +18134168094 10014 N Dale Mabry Hwy、Ste 216、タンパ、FL 33618
Charisse Diaz、LMHCCharisse Diaz、LMHC
1レビュー
心理学者、ライフコーチ +18136010595 2708代替19N、Ste 507 13、タンパベイエリアカウンセリング、パームハーバー、FL 34683
バイタリティカウンセリングと脳の健康コーチングバイタリティカウンセリングと脳の健康コーチング
1レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、催眠術/催眠療法 +17272757550 2549 1st Ave S、サンクトペテルブルク、FL 33712
CORA理学療法ラルゴCORA理学療法ラルゴ
5レビュー
理学療法、作業療法、疼痛管理 +17275870582 2130 E Bay Dr、Largo、FL 33771
シークレットガーデンカップルマッサージシークレットガーデンカップルマッサージ
2レビュー
マッサージ療法、セックスセラピスト +17274569637 821 Court St、Clearwater、FL 33756
今日の解決今日の解決
2レビュー
カウンセリング&メンタルヘルス、催眠術/催眠療法 +17276982543 6177 Sun Blvd、St。Petersburg、FL 33715

 

フロリダ州ラルゴの青少年のための住宅治療センターティーンリハビリ

フロリダ州ラルゴの青少年のための住宅治療センターティーンリハビリ

フロリダ州ラルゴでのティーン向けのすべてのリハビリオプション

フロリダ州ラルゴ近郊のあらゆる種類のリハビリと治療

 

 

フロリダ州ラルゴの摂食障害治療センター

 

 

フロリダ州ラルゴの摂食障害治療センター

 

 

フロリダ州ラルゴウェルネスセンター

 

 

フロリダ州ラルゴウェルネスセンター

 

 

フロリダ州ラルゴ遠隔医療

 

 

フロリダ州ラルゴ遠隔医療

 

 

フロリダ州ラルゴのメンタルヘルスリトリート

 

 

フロリダ州ラルゴのメンタルヘルスリトリート

 

 

 

フロリダ州ラルゴ近郊のリハビリテーションセンター

 

 

フロリダ州ラルゴ近郊のリハビリテーションセンター

 

 

フロリダ州ラルゴのうつ病治療センター

 

フロリダ州ラルゴのうつ病治療センター

 

 

フロリダ州ラルゴでのリハビリの費用

 

 

フロリダ州ラルゴでのリハビリの費用

 

 

フロリダ州ラルゴのスボクソンクリニック

 

 

フロリダ州ラルゴのスボクソンクリニック

 

 

フロリダ州ラルゴの不安神経症治療センター

 

 

フロリダ州ラルゴの不安神経症治療センター

 

 

フロリダ州ラルゴのトップ精神科医

 

 

フロリダ州ラルゴのトップ精神科医

 

 

フロリダ州ラルゴのクリスチャンリハビリセンター

 

 

フロリダ州ラルゴのクリスチャンリハビリセンター

 

 

フロリダ州ラルゴでの薬物リハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴでの薬物リハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴでのオンラインリハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴでのオンラインリハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴの治療寄宿学校

 

 

フロリダ州ラルゴの治療寄宿学校

 

 

フロリダ州ラルゴ近郊のニューロフィードバック療法

 

 

ニューロフィードバック療法フロリダ州ラルゴ

 

 

フロリダ州ラルゴでの国家資金による無料のリハビリ

 

フロリダ州ラルゴの州資金によるリハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴのすべてのリハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴでのリハビリ

 

 

フロリダ州ラルゴでのリハビリ 

 

 

フロリダでのリハビリ

 

 

世界中で最高のリハビリを見つける

 

 

上位の場所

 

 

 

世界最高のリハビリ

  • 1
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5771977/
  • 2
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5026681/

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。

Worlds Best Rehab は、独立したサードパーティのリソースです。 特定の治療プロバイダーを推奨するものではなく、注目のプロバイダーの治療サービスの品質を保証するものではありません。