クロナゼパム高

[popup_anything id="15369"]

クロナゼパム高–危険は何ですか

 

クロナゼパムは、そのブランド名クロノピンとしても知られていますが、 ベンゾジアゼピン薬 てんかんの発作、パニック発作、およびアルコールや他の薬物乱用からの離脱症状を助けるための鎮静剤と​​して医学的に使用されます。 それは強力であり、あなたはそれを短期間の処方としてそして医療専門家による注意深い観察の下でのみ使用されるべきです。

 

過去数年にわたってこれにもかかわらず、それは娯楽としてより一般的に使用されるようになりました。 その結果、クロナゼパムへの依存レベルとそれが誘発する高値は危険なほど高い数値になっています。 クロナゼパムの高値は、多くの理由で危険であり、結果として生じる副作用と離脱症状は危険であり、クロナゼパムの乱用の増加が問題になりつつあります。 オピオイドの流行に匹敵する.

クロナゼパムとは

 

クロナゼパムの誤用がなぜこのような危険な問題であるのかを理解する前に、そもそもそれがどのように機能するのか、そしてなぜそれが正当な理由で医療専門家によって頻繁に処方されるのかを理解する必要があります。 クロナゼパムは、ユーザーがリラックスして落ち着きを感じ、発作、パニック発作、離脱症状を和らげるように設計されており、短期間の不眠症を助けるために処方されることもあります。 強力な薬として広く知られており、一度に2〜3週間だけ処方して服用する必要があります。

 

ベンゾジアゼピンとして、クロナゼパムは、ガンマアミノ酪酸(GABA)タンパク質の脳細胞内の受容体と相互作用することによって機能します。 クロナゼパムはGABA受容体に干渉することにより、 その受容体での神経伝達物質GABA。 言い換えれば、クロナゼパムは脳内の神経伝達物質の働き方を変え、その結果、ユーザーに落ち着きを感じさせます。 クロナゼパムを数週間服用した後、その効果に対する患者の耐性が高まるため、体に同じ効果をもたらすには、より高い用量が必要です。

 

しかし、最小限の用量でもクロノピンの計り知れない力があるため、医師が処方した用量を服用するだけで中毒になる可能性があります. これは、クロノピンの高値が 18 時間から 50 時間の間、最大で丸 2 日以上にわたって身体に積極的な影響を与える可能性があるためです。 これを考えると、いかに危険であり、すぐに依存症になるかが理解しやすくなります。

クロナゼパム依存症

 

クロナゼパムはすぐに中毒性があり、その結果、クロナゼパムを服用することによる副作用と離脱症状が体に大混乱をもたらす可能性があります。 処方されているよりも高い用量で服用すると、薬は中枢神経系を抑制し、酔わせる、かすんでいる昏迷に先行する短い陶酔感を引き起こします。 一部の乱用者は、クロナゼパムの錠剤を細かく砕いて、コカインなどの他の物質のユーザーと同じように鼻を鳴らします。

 

クロナゼパムを娯楽目的で使用する人は、法的な処方箋を持っている友人や家族から薬を入手することがよくあります。 この事実は、アメリカ人の推定15%が薬棚にある種の法的に処方されたベンゾジアゼピンを持っており、乱用者が簡単にアクセスできるようになっていることに気付くと、さらに憂慮すべきことになります。 また、闇市場で追加の処方箋を販売するためだけに、複数の医師から処方箋を受け取る人もいます。

 

しかし、それは合法的に処方された薬であるため、娯楽目的で使用し始める多くの人は、ヘロインやコカインなどの他の違法なストリートドラッグよりも弱く、中毒性が低いと考えています。 実際には、禁断症状と依存症のしやすさの副作用は、せいぜい違法薬物の副作用と同じくらいひどいものであり、依存のしやすさのためにさらに危険なものになる可能性があります。

クロナゼパムの副作用

 

短期的な副作用は、通常、眠気、めまい、集中力と協調性の喪失、浅い呼吸、および不明瞭な発話である可能性があります。 長期的な影響には、記憶喪失、認知障害、脱力感、過剰摂取のリスクなどがあります。 長期的な虐待は、特に、新しい情報を記録する脳の能力を損ない、学習を損ない、脳が必要なだけ早く適応するのを妨げる可能性があります。 これらの深刻な問題があるだけでなく、離脱症状は、特に医学的リハビリテーションの支援なしで行われた場合、悪化していなくても同様に悪化します。

 

クロナゼパムの離脱

 

激しいパニック発作は、GABAレベルが低下し、クロナゼパムによって抑制されなくなったために脳内のニューロンがより急速に発火するため、特に一般的な離脱症状です。 その他の離脱症状には、錯乱、気分のむら、神経過敏、怒り、 うつ病、 発作、睡眠障害または不眠症、昏睡、そして最悪の場合、死。 ベンゾジアゼピンからの回復は困難であり、常に医学的監督が推奨されます。

 

クロナゼパムの体内での活動の半減期が長いため、リスクとその結果としてのモニタリングの必要性はさらに高くなります。 リハビリ中のデトックス中に症状緩和薬を投与することができます、 CBTと一緒に またはDBT療法、および離脱症状は、合計で2週間から6か月まで続く可能性があります。 ベンゾジアゼピンに「冷たい七面鳥」を服用することは、特に離脱が非常に苦痛であり、突然やめたり、重度の離脱症状を示したりすると、オピオイド離脱をはるかに上回るほど致命的となる可能性があるため、強くお勧めしません。

 

クロナゼパム高–危険

 

クロナゼパムは中枢神経系の問題を落ち着かせて緩和するのに役立つ薬ですが、それは非常に強力であり、他の多くのベンゾジアゼピン薬よりも長く、信じられないほど長い時間体内で活動し続けることができます。 医師が処方した量を2〜3週間服用するだけで中毒になる可能性があるという、依存症の力と容易さは特に懸念されます。

 

クロナゼパムは、脳の化学的性質が機能する方法に急速に影響を与え、依存を引き起こしますが、比較的短期間の陶酔感の高さ(そのアクティブな半減期と比較して)は、さらに心理的な必要性を簡単に引き起こす可能性があります。 幅広い離脱症状も非常に危険です。

 

これらすべての要因は、クロナゼパムの娯楽目的での使用の増加が大きな問題であり、医学的監督を受けなければ致命的となる可能性があることを意味します。 医療とリハビリのヘルプはいつでも利用できます。 クロナゼパムの使用法や気分が気になる場合は、医師のアドバイスや助けを求める必要があります。

 

前へ: ガバペンチン依存症

Next: プロポフォール中毒と乱用

ウェブサイト | +投稿

アレクサンダー・スチュアートは、Worlds Best Rehab Magazine™ の CEO であり、Remedy Wellbeing Hotels & Retreats の創設者兼先駆者でもあります。 CEO としての彼のリーダーシップの下、Remedy Wellbeing Hotels™ は、International Rehabs より、2022 年インターナショナル ウェルネス ホテル オブ ザ イヤーの総合優勝賞を受賞しました。 彼の素晴らしい仕事のおかげで、高級ホテルの個別保養施設は、有名人、スポーツ選手、重役、王族、起業家、メディアの厳しい監視にさらされている人々など、絶対的な裁量を必要とする個人や家族に逃避先を提供する世界初の1万ドル以上の高級ウェルネスセンターとなった。 。