アルコールをやめた後のうつ病

アルコールをやめた後のうつ病を理解する

著者: フィリッパゴールド  エディター: アレクサンダー・ベントレー  閲覧: マシューアイドル
Advertising: 広告または外部リンクから何かを購入すると、コミッションが発生する場合があります。

アルコールをやめた後のうつ病を理解する

 

アルコールとの激動の関係を終わらせることに決めた場合:おめでとうございます。 ほとんどの人は、それがどれほど難しい決断であったとしても、これまでの人生で下した最も影響力があり重要な決断だったと言っています。 かなりの時間が経過した後にアルコールの消費を止めたり、量を減らしたりすることは簡単なことではありません。そうすることを選択した人の大多数は、困難な道のりになる可能性があるため、専門家の助けを求めます.

 

アルコールをやめた後にうつ病になる.

 

飲酒をやめる決断を下した後は困難な時期が続くかもしれませんが、時間と労力を費やすだけの価値は十分にあります。 最初の困難な数か月が過ぎた後、多くの人は、以前のアルコールの快適さを失って、より楽な日々に転がり込んでいることに気づきます。

 

誰もが異なっており、多くの人がさまざまな時間にさまざまな副作用でフィニッシュ ラインを通過します。 多くの人は、飲酒をやめた後、うつ病に対処していることに気づきます。 これは珍しいことではなく、あなたがそのように感じているなら、あなたは一人ではありません. アルコールはかつて、人生を楽しんだり、人生の困難な部分に対処したりするための方法でした。 なくした方がましですが、生活から完全に取り除いた後の感情がなくなるわけではありません。

 

アルコールをやめた後にうつ病になるのはなぜですか.

 

多くの人が、うつ病の症状を緩和するためにアルコールを飲み始めました。 彼らはうつ病に対処するために使用したものがなくなったので、うつ病だけが残っています。 他の人は、アルコールとの関係を始めた後にうつ病を経験した可能性があります. うつ病は、飲酒を始めた理由でもあり、飲酒をやめなければならなかった理由の一部でもあります。 誰にとっても同じではありませんが、それでも誰にとっても難しいことです。

 

臨床用語では、これは二重診断と呼ばれ、アルコール使用障害がうつ病や不安神経症などの精神的健康状態を示すことは非常に一般的です11.M. Mirzaei、SM Yasini Ardekani、M. Mirzaei および A. Dehghani、成人人口におけるうつ病、不安、およびストレスの有病率: Yazd Health Study の結果 – PMC、PubMed Central (PMC)。 18 年 2022 月 6702282 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得. 治療の専門家は、アルコール使用障害が最初に現れてうつ病を引き起こしたのか、それともうつ病がアルコール使用障害の前に存在していたのかを特定することに取り組みます. 永続的な回復を達成するには、両方の状態を治療することが重要です。

 

アルコールをやめた後のうつ病性障害

 

うつ病、または大うつ病性障害は、最近アルコールとの関係を終了したかどうかにかかわらず、多くの人々に影響を与える状態です。 それはあなたが感じ、考え、そして行動する方法に影響を与えます。 それは治療可能ですが、一緒に住んだり対処したりするのは簡単な状態ではありません。 それは通常、人生やあなたが以前楽しんでいたものへの興味の欠如と悲しみと絶望の感情を通して現れます。

 

アルコールをやめた後のうつ病とうつ病の症状

 

  • 悲しくて絶望的
  • かつて興味を持っていたものへの興味の喪失
  • 睡眠困難
  • 食欲の変化
  • 無価値感
  • 死と自殺への思い

アルコールをやめた後、なぜうつ病になるのですか?

 

アルコールは抑制剤と呼ばれます。 これは、脳の機能と神経活動が遅くなることを意味します。 抑うつ薬の結果は、軽度のアルコールの使用または酩酊(不明瞭な発話、運動能力の喪失、および軽度のアルコールの使用 - リラクゼーション)で現れる可能性があります。

 

この減速と脳と神経活動の障害は、GABA と呼ばれる神経伝達物質の影響を増加させます。 神経伝達物質としてのGABAは阻害剤です。 つまり、神経活動やその他の重要な神経伝達物質の発火が遅くなります。

 

ドーパミンやセロトニンなどの他の神経伝達物質は通常、気分を良くしますが、GABAはこれらの気分の良い神経伝達物質の生産性と発火を抑制します. アルコールの使用によって一時的なドーパミンとセロトニンを経験するかもしれませんが、それらの一時的な効果がなくなり、なくなると、それらの神経伝達物質もなくなります.

 

長期間にわたって大量のアルコールを摂取している場合、ドーパミン、セロトニン、およびその他の心地よい神経伝達物質を生成する脳の部分が、必要な方法で機能しません.

 

アルコールとうつ病の関係

 

私たちの脳が気分を良くする化学物質を生成できない場合、典型的にはうつ病などの状態になります. また、うつ病はアルコール乱用とは別に存在するものであるため、ほとんどの専門家は、アルコール依存症とうつ病を別々に治療することが賢明であると述べています。22.VA Grunberg、KA Cordova、LC Bidwell、TA Ito、マリファナはそれをより良くすることができますか? 不安とうつ病のリスクに対するマリファナと気質の予測効果 – PMC、PubMed Central (PMC).; 18 年 2022 月 4588070 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得. この場合、それらは併発疾患または共起障害と呼ばれ、しばしば互いに影響し合い、各状態をさらに悪化させる可能性があります。

 

治療の多くは重複して他の状態に影響を与える可能性がありますが、これらは XNUMX つの異なる状態であり、重篤になる可能性があります。 したがって、それぞれがその状態に合わせて時間と注意を払う必要があります。

 

アルコール治療は、あなたの特定の状況に依存し、住宅リハビリ、デトックス、外来リハビリ治療、または治療後のアフターケアまたは教育プログラムが含まれる場合があります.

 

アルコールをやめた後のうつ病の治療.

 

支援グループ

 

アルコール乱用と同じように、うつ病を含むあらゆる種類の状態に苦しんでいる個人のために作成されたグループがあります. これらのサポート グループは、治療中に使用するツールの開発と維持に役立ちます。

 

ホリスティックセラピー&リラクゼーションまたは瞑想法

 

ホリスティック療法は、伝統的な療法と併用されることがよくあります。 ヨガや瞑想などの実践は、心のバランスを保つのに役立つことが証明されています。 セラピストは、回復時間にどのような活動を実施するのが有益で楽しいかを判断するのに役立ちます.

 

認知行動療法

 

あなたがいるなら、これは重要な専門的な時間です うつ病を経験している. これらの専門家は、この状態の原因と、さまざまなテクニックを使用して状態を緩和する方法を具体的に知っています。 多くの場合、これはうつ病の助けや治療を求めるときの最初の目的地であり、セラピストまたはカウンセラーの推奨に従って、リストされている他の方法を並行して使用する必要があります.

 

ここをクリックして、カウンセラーに接続する方法を確認してください。

 

抗うつ薬

 

あなたのカウンセラーまたはセラピストが、あなたの状態について身体的な助けが必要であると判断した場合、GABA やその他の抑制性伝達物質の影響を軽減するのに役立つ抗うつ薬を処方することができます。

 

うつ病の副作用に対処するのは簡単ではありません

 

アルコールをやめた後のうつ病は、簡単に対処できるものではありませんが、珍しいことではなく、あなただけではありません. あなたの人生からアルコールを取り除くための一歩を踏み出すことは重要であり、あなたは残りの人生に感謝するでしょう.

 

うつ病は副作用であり、簡単なものではないかもしれませんが、治療可能です. 専門家は、あなたがこれまで行ってきたように、また現在も断酒を続けているように、症状や状態を緩和するお手伝いをすることができます。 また、他の治療の必要性と同様に、あなたと一緒にプロセスをガイドし、歩んでいくためのサポートグループがあります.

 

前へ: 雑草とうつ病の関係

次へ: 孤独感と憂鬱感

  • 1
    1.M. Mirzaei、SM Yasini Ardekani、M. Mirzaei および A. Dehghani、成人人口におけるうつ病、不安、およびストレスの有病率: Yazd Health Study の結果 – PMC、PubMed Central (PMC)。 18 年 2022 月 6702282 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
  • 2
    2.VA Grunberg、KA Cordova、LC Bidwell、TA Ito、マリファナはそれをより良くすることができますか? 不安とうつ病のリスクに対するマリファナと気質の予測効果 – PMC、PubMed Central (PMC).; 18 年 2022 月 4588070 日、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMCXNUMX/ から取得
ウェブサイト | +投稿

Alexander Bentley は、Worlds Best Rehab Magazine™ の CEO であり、Remedy Wellbeing Hotels & Retreats および Tripnotherapy™ の作成者兼パイオニアであり、燃え尽き症候群、依存症、うつ病、不安、心理的不安を治療するために「NextGen」サイケデリックなバイオ医薬品を採用しています。

CEOとしての彼のリーダーシップの下、Remedy Wellbeing Hotels™は、International RehabsによるOverall Winner: International Wellness Hotel of the Year 2022を受賞しました。 彼の信じられないほどの仕事のおかげで、個々の高級ホテルのリトリートは、世界初の 1 万ドル以上の専用ウェルネス センターとなり、有名人、スポーツ選手、経営者、王族、起業家など、絶対的な裁量を必要とする個人や家族、およびメディアの厳しい監視の対象となる人々に逃避を提供しています。 .

私たちは、読者が自分のヘルスケアについて情報に基づいた決定を下せるように、ウェブ上で最新かつ正確な情報を提供するよう努めています. 私たちの 主題の専門家 中毒治療と行動医療を専門としています。 私達 事実を確認する際は厳格なガイドラインに従う 統計や医療情報を引用するときは、信頼できる情報源のみを使用してください。 バッジを探す 世界最高のリハビリ 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 最新で正確な情報については、記事をご覧ください。 当社のコンテンツが不正確または古くなっていると思われる場合は、当社の お問い合わせページ

免責事項: 私たちは事実に基づいたコンテンツを使用し、専門家によって調査、引用、編集、およびレビューされた資料を公開しています。 当社が公開する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 医師または他の資格のある医療提供者のアドバイスの代わりに使用しないでください。 医療上の緊急事態が発生した場合は、直ちに緊急サービスに連絡してください。

Worlds Best Rehab は、独立したサードパーティのリソースです。 特定の治療プロバイダーを推奨するものではなく、注目のプロバイダーの治療サービスの品質を保証するものではありません。